top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

「さとり」マラソン

冬の農作業パターンの基本形は、おおよそ8~10時と15~17時にゴボウの草取り、残りの時間でその他を。つまりは毎日4時間は確保したいということなのだが、やれる日は諸事情によりそう多くはない。でも今日この冬初めてやれそう。



この作業の特異性は今までに散々書いてきた。いろんな意味で、そう誰にでもできる(やり続けられる)ものではないということも。辛い作業であることは間違いない。でもツボにはまるとそうでもない。どころか「禅」の世界。今後の経営に悩む今の私にはピッタリだし、まあ、いつもピッタリだ。「くさとりマラソン」とは、さながら「さとりマラソン」でもある。


長男が思春期に入りつつある年頃のせいと思うが、草取り中にここ数日は妙に塾講時代を思い出す。好きな子供たちに囲まれながらも、日中は田畑で自己研修をやりながらの精一杯の5年間。評価は高かったからただの自慢話になり兼ねず、まあ書くようなことではないんだけど、ただの自画像と思って、これからしばらく敢えて書いてみたい。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Bình luận


Bình luận đã bị tắt.
bottom of page