• 反田孝之

「つくる大学」での私の気づき

一昨日は「GOつくる大学」の講師役。すっかり専業農家人生に忙殺されている私だから、「昔取った杵柄」はどこへやら。まあこれについては、もうそんなもんだと思っている。企画者や聴講者には申し訳ないが。


やりだしてちょっと迷いが出た。企画側の講義の趣旨に対してちょっとズレてるかなという気がしだしたのだ。参加者10名の顔ぶれや冒頭の自己紹介の内容も頭をよぎる。で結局いつもの「自然や田畑や食の原理はこうだから、自分はこんな栽培(経営)をやっている」という、内容的にはいつものよくやるネタで収めたけど、初めから割り切ってそうすれば良かったかなと。いつも反応がいいんだし、価値観変わったという声もあったから。


そして今思うことは、こういう迷いが今の私らしいかなと。最近書いているように、このたびの洪水によっていくらか経営の岐路に立っている。そして判断を迫られているにも関わらず、かじ取りを間違えてはいけないという慎重さが強くなっているのかどうか、何かと煮え切らないのだ。


これまでは少し違ったのではないか。もっと割り切って楽観的に決め、しかしながら決めたことに対しては慎重に計画を立てて臨む、というスタイルでやってきた来たように思う。仮に来年また洪水が来ても、そりゃあ経営的には痛いけれど、すぐさまどうにかなるということではない。今の私はこれまでのようにやっていくのがいいし、そうしなければいけないのだ。私の強み、うちの強みで、今しばらく勝負するべき。


というふうに思えるようになったのは、実はほんのついさっき。片足が完治することを信じ(笑)、そして収入保険のことは忘れて(爆)、ずうずうしく、バカになって、勘違いしながら、自分らしくやっていこう。

最新記事

すべて表示

この騒動の不思議さがちょっとわかった

追いまくられていた要件は一息つき、休息も十分とった。今日からようやく「朝一番と日暮れ前のそれぞれ2時間でトンネルの草取り、残りでその他の作業」の冬パターンに入った。ちなみにトンネルの草取り進捗率は76%。 マスク騒動の詳細が明らかになってきたみたい。鼻出し受験生はメガネが曇るから仕方なくだったそうだし、飛行機下された人は正義感からだったよう。こういうのを過剰に取り締まる今の社会はやっぱ異常だわ。戦

マスクの是非を冷静に考えてくれ

​鼻出しマスクの受験生は49歳だったらしい。それじゃあありかもね。私が前回書いたことは、これが20歳前後という思い込みで大したもんだなあと思ったから。 それにしても9月にマスクを拒否して飛行機下された人とかが今頃逮捕されたりしている。やってくれるわ~。 一昨日とあるカフェで女房とランチしたとき、注文の後の待っている間に、店主からマスクをしてくれ、と言われた。女房とひそひそ話をした以外はほぼ黙ってた

マスクから鼻を出して入試で失格にされた事件

大学入試共通テストで、マスクから鼻を出して受験して、監督者の再三の注意にも従わずに失格になった受験生がいたという。 まあひどい監督者がいるなあ、ネット民はどんな批判をしてるんだろう、と思って何気にニュースのコメント欄をみて、驚愕。私が見たところでは100%すべての人が、この処置を肯定している。ネットのコメントなんていかがわしい以外の何物でもない。しかしもしかすると世間の多くはそんな風に肯定している