• 反田孝之

「コロナ」より怖い「コロナ対策」

首都圏で緊急事態宣言を出すんだそうだ。またこれで自殺者増加に拍車をかける。はやく2類を5類にしてくれと心から祈る。


外国がどうかは分からない。とりあえずこの国の行く末を心配する。子供や若者らの目に今の社会はどう映っているか。未来は希望から生まれる。今のコロナ対策が彼らからどれだけの希望を奪っていることか。


よく聞く、「がんより怖いがん治療」という言葉。

同じく、「コロナより怖いコロナ対策」だ。

三好基晴氏の「新型コロナとがん」という書籍が先月発売された。これは実にお勧めだ。もちろんトンデモ系でも陰謀論でもない。私見だけでなく正当医学に基づいた内容で構成されている。


「いやいや、絶対トンデモ系だ。でないとこれだけ大多数の医者が騒ぐわけないだろう」と鼻から疑いたくなる気持ちは分かる。しかし「医学」の常識と「医療」の常識は違うのだという現実を知ると、大多数の医者の主張が疑わしいということが容易に納得できる。


この「新型コロナとがん」。アマゾンとか本屋では売られていないらしい。販売店は『新型コロナとがん  三好基晴』で検索してみて。またお近くの人はうちでも販売している。残り4冊。2200円。ぜひご利用を。

最新記事

すべて表示

久々に贅沢なランチ

ついさっき、以前から行ってみたかった、うちのゴボウを使ってくれているイタリアンレストランへ行って夫婦でランチした。子供らがいないというのがあまりに新鮮。というか感激の境地(笑)。窓から差し込む柔らかい陽光と、久しぶりの穏やかな青空を見ながら、労働意欲をすっかりなくしたことだ。これからトンネルに潜るとかあり得んわ~って。 料理が最高だなどと、私ごときが安っぽい感想を言ったって仕方がない。それよりも最

来た来た

大豆の乾燥依頼が。こんな状況で受けることができるのか~って、理屈上は可能なのだ。だからこういうの得意だって言ったろ。 あとは体調だ。倒れるとみんなに迷惑がかかる。夜の晩酌は熱燗でないとダメだ。

サラシ包帯32日目

お盆前後で山に登り過ぎて左膝を痛めたことは以前書いた。そして9月7日からサラシ包帯を巻いている。私がときどき「片足」と書いてきたのは、そのせいでビッコ引きながらでないと歩けないから。 このたびの負傷は、いつどのタイミングでやったのかがはっきりしない。後山、氷ノ山では何とも感じなかった。帰ってきて仕事をしていて何となく痛いなあと。それでも大したことがないので大山に行った。大山ではさすがに下りで痛みを