top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

「マスゴミ優先」「医療ムラ優先」から「この国の将来優先」へ

続くと書いたがやめた。つまり今の活動をやめようかとも考えているわけだ。辛いばかりだし。そうなるとあちこちで荒地や山林が発生することになるけれど、うちが田津で農業を始めた​18年前の姿に戻るだけのことでもある。もちろん管理面積の縮小という手もある。堤防予定地の管理ってあまりにむなしいからね。ここを省くだけでもずいぶんと楽になる。


あ、若干1人、私がまじめにやらないと悪口言っている農業委員さんはすっかり無視しているので誤解なきよう。他の人の気持ちとか、その他のことを客観的に見て考える。


ところで、コロナ騒ぎがさらにひどくなってきた。コロナはもう2年前に終わってると思ってるけど、「マスゴミ」と「医療ムラ」の力は改めて凄いなと。朗報もあって、鳥取県コロナ脳平井知事が急にまともな言い出した。知事会会長の立場で2類を5類にしろ!って国に吠えているとのこと。ゲームに飽きたか、もしかして目が覚めたか。マスゴミが「ブレてる!」とか批判しないのは不思議だ。


まあブレてようと何だろうとそんなことはどうでもいい、この国のためになることに気がついたならその時にいくらでもブレてくれ。島根県知事も早くブレて目を覚ましてくれ。


少しは目を覚ましてまともにやろうとする政治家を、騒ぎが収まって欲しくないマスゴミは「経済優先」とか揶揄しているけど、正しくは「この国の将来優先だ」。「マスゴミ優先」や「医療ムラ優先」から、「この国の将来優先」「子供若者の未来優先」へ政治家は舵を切るべき。まあわかってる政治家はたくさんいるんだろうけどね。


まあ医療ムラは他国でもそれなりだろうから、先ずはマスゴミ信仰が何とかならんかね。マスゴミを信じる人が格段に多い、不思議の国、日本。


最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page