top of page
  • 反田孝之

「流儀」と「主義」

「流儀」とは何か。年末くらいからそんなことをついつい考えている。調べると「技能・芸術など、その人・家・派などの独得のやり方・しきたり。」とある。


他方で、「主義」という言葉がある。同じように調べると「一定の主張や思考体系。 個人的な信念や指向。」


この解釈を比べると、「流儀」は動作的で現実的、周囲の状況とともにあるもの、そして「主義」は観念的なもの、周囲の状況と関係なく独立したものと言えそうだ。そしてきっと流儀には、物事を前向きに上手く進めたい、そして実際にそうやれば上手くいった、という体験的な根拠を伴っている。だから常にバージョンアップが図られている。一方で主義には、観念的である以上そこまで具体的な根拠はない。変えることもなかなか難しそうである。


こんなことをどうして思うかというと、人によってこれら2つを持ち合わせる程度と割合の違いが最近妙に目に付くからである。年末以降、人に接する機会が増えていて、その多くが何かに挑戦しようとしている人だ。その人たちからは、とかくこの流儀というものを感じる。そして他人の流儀には学ぶことが多い。そこが何とも心地よい。


一方で人はそれなりに主義も持つ。しかし流儀を溢れんばかりに感じる人からは主義的なにおいを多くは見いだせない。主義は極端になると教条的になってしまうから要注意。しかしそこまでいかなくても主義的な人というのは基本が変わらない。相手をしていて楽ではない。


で肝心なことは、流儀に溢れる人は、そのことを自分で意識していないということ。一方で主義に固まった人というのは、周囲を無視したまったく独自の譲れない一線というものを持っており、厄介なのはそれを自分の流儀と思っているということ。


流儀は、幸福になるために発揮するものである。しかし主義とは、たとえ不幸になるのだとしても貫くものである。この違いは大きい。

最新記事

すべて表示

「いつ死んでもいい」が口癖の私。幼な子がいる今は当然そういうわけにはいかないのだけれど、私の中を貫く一つの世界観としては​明らかにある。 先日、学者が書いた死生観についての記事を某新聞で読んだ。身内の死が自宅内にほぼなくなった現代では、死は自分の身近にない。それゆえに死を恐れる。死への恐れの度合いで今の生き方、幸福感は変わる。死への恐れは死後の世界の存在を信じるかどうかが大きく関わる。それゆえ死後

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

bottom of page