top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

「疑う姿勢持って欲しい」というただ一点

エリザベス女王の葬儀には参列した天皇夫妻も含め誰もマスクをしないのに、安倍さんの葬儀では全員マスクをすることへの疑問は、どれだけの人が感じないのだろう。世界一マスクをしている国が、もはや世界有数の検査陽性者を出していることにどれだけの人が不思議さを抱かないのだろう。


マスクぐらい別にいいじゃん、と言う人。マスクがどれだけ日本の将来をゆがめていくかに若者、子供、赤ん坊にまで思いを致して想像を巡らそう。まずは周囲の目を気にしてマスクをするという人が頑張れ、そうでなれは次へ進まない。


「何かおかしくないか?」という感性と、「このまま行ったらどうなる?」という理性を大事にしてもらいたい。とりわけ子どもたちには。


そういうわけで、毎年複数件受け入れる小中高生の体験や授業などは、今はすべて「疑うことの大切さ」の視点でやることにしている。「世の中、マスコミ、専門家、大人は嘘つきばかり」と伝えることが最大のテーマ。疑う姿勢さえ身に着けてくれれば、あとは何とかなる、という思い。そして今年からギアを一つ上げた。私は、せっかくマニュアルや専門家の言うのと違う方法で曲がりなりにも成功している立場であるのだから、ここで一肌脱がないというのでは犯罪に等しい。そこまで思い詰めている。


あとはいつまでうちに来続けてくれるかということ。先生たちへの批判にもなっているわけだから、「先生ごめんなさい!もう止まらない!」と断りながらのパフォーマンスだけでさすがにすべてが丸く収まるとは思っていない。現代の教師の多くがただの板挟みとも聞くけれど、彼らだって人間だ。そしてもう一つ、それらの学校にまだうちの子が通っているという捻じれ。


春からの連続体験授業で小5が、9月は中1が2件で昨日で終わったと思ったところに、小2の話も昨日舞い込んできた。まさに息子のクラス。さあここではどうやろうか。先生たちには申し訳ないが、というより先生たちや学校にも何かのプラスになるという奇跡も期待して、この「疑うことの大切さ」の視点を外す気は今のところはない。


そして呆れられたらそれまでだ。仕方がないで済ますしかない。


ところで昨日気になったことが一つあった。実はテレビ取材の申し出があったらいしのだ。しかし断っていただくようお願いした。まさかマスコミさんの前でこのテーマでやるわけにはいかないから。申し出はどういう経緯だったかは知らないが、経緯によっては大変申し訳ないことをしていると悔む事情が実はある。しかしこの期に及んではこれもまた仕方がない。申し訳なさを押し殺して進むのみである。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page