top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

「自然栽培」と「無肥料・無農薬栽培」

タイトルはちょっと大げさ。誤解がありそうなので昨日の補足を書きたいだけ。


大豆を自然栽培していると言うためには、連作をしないといけないわけではない。他の作物と回しても構わない。ただ土の構造がまったく違う稲と回すのはいけない。畑の土としての進化を目指しているんだから、水を張ったんでは元も子もない。畑と田んぼは別物である。


それで自然栽培と呼ばすに「無農薬・無肥料栽培」という場合がある。これなら稲と回すのもOKだろう。「土の力の発揮や進化は考えていません。でも農薬も肥料も使っていません。」ということだ。間違ってはいない。


そんなふうに自然栽培の定義を勝手に決めるな!と言われたら、ガイドラインがないんだから反論できない。私が言っているのは、私が研鑽を積まさせてもらっている普及会の解釈だ。私も納得しているからこうやって紹介している。


しかし実際には、ガイドラインがない、法律で決められていない、だから「自称」自然栽培が横行している。ガイドライン化するべきだという意見には今のところ問題が多く私は反対だ。この辺りはとても難しい。


うちの経営についても補足しておくと、昨日書いたのは「転作田」の話であって、「畑」の方にも自然栽培の圃場が数haある。そのうち1.3haは大豆の連作歴は10年だ。他にもゴボウと回す圃場たち。これらも自然栽培歴は10年を超える。しかし昨日のようなときについ書かないのは、これらはそう遠くないうちにすべて地主さんに返してしまうつもりだからだ。理由はこれまで散々書いてきた、洪水、イノシシ被害、経営の合理化のため。


(2019年6月の渡地区。大豆の連絡を続けている。)

しかし上記1.3haについては、もしかすると借り続けるかもしれない。ここは収量が大きく減少傾向であり、これがV字回復をしたなら、他の悪条件を飲み込んで借り続けたいと今のところは思っている。そしてそうなる見込みがないわけではない。ここは生粋の畑地。転作田ではできない工夫の余地があって、成功すれば事例になる。つまり人類や社会への責務が発生するということである。困ったものだ。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page