• 反田孝之

「避け得るリスク」と「失うもの」のバランスが悪すぎる

来たよ。小中学校の休校。江津市と他4市町が対象で、県知事からの要請だと。しかも驚いたことに、人口10万人当たりの「PCR検査陽性者」が50人を超えるところを狙い撃ちしたという。


マジか・・。そんな「数字の遊び」で我々は振り回されなければならないのか・・。情けなくて涙が出そうだ。私と誕生日が3週間も変わらない知事を、私はそれなりに評価していたのだが、このたびはさすがにあり得ない。側近やブレーンは何をしている。いやそいつらのせいなのか。どうやったらこんな判断ができるのか。


私の悲しみは振り回される諦めだけではもちろんない。数年後から爆発的に増える自殺者、行方不明者を始め、様々な不幸に陥る人たち、希望を奪われる若者たちを増やしていくことに、あらゆる自粛行為が少なからず確実に影響していくのだ。為政者がこのことを軽視している、というより無視しているということが悲しく情けなくてならない。


この2年近くで為されてきたコロナ対応は、あまりにも「避け得るリスク」と「失うもの」のバランスが悪すぎる。


まずは早く5類にしなければ、この国は滅びる。そして岸田を何とかすること。安倍、菅の方が何倍も良かったのは間違いない。自民支持者は目を覚ませ。でも野党はもっと手が付けられない。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ