top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。


人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。


私の仕事は農業で、趣味も農業である。農業以外のことにはあまり興味がなく、山歩きや将棋は息抜きや子供らの教育としてやるに過ぎない。そして他の人の評価がどうであろうと、こういう人生でまったくいいのだと鼻くそほども疑ってはいないのである。


さらに私は自分のことを特に薄っぺらい人間とは思っていないし、人間として残念だとも思っていない。むしろ人生の充実感や満足感はどうやらよっぽど他人より多そうである。


このことは、私には「自分がない」ということと関りが大きい。自分をなくすことに努めてきて、実にいい人生になった。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page