• 反田孝之

いつまで「PCR検査ごっこ」を続けるのか

わが島根県でコロナの「PCR検査陽性者」が過去最高レベルで増えているということで騒ぎになっている。参院選が終わればさすがにコロナ騒ぎはおわる(5類へ変更)だろうと踏んでいるのだが、これを見ていてどうも怪しい気がしてきた。知事はわざと意図があって騒いでいるんじゃなくて、もしかして本当に勘違いしているのかもしれない。でもそんなことがあるだろうか。不思議でならない。


コロナ騒ぎを終わらせる根本的解決法は、このPCR検査をやめること、もしくは検査の感度を弱くするということである。「PCR検査陽性」と「この病気のやばさ」とは全くと言っていいほどリンクしないからである。そもそもこの検査自体が感染症の検査に用いてはならないものであるということはどこまで知られているのだろうか(どうせマスゴミは報じてないだろうし)。


以前我が家では、長男のクラスでコロナが出たからPCR検査を受けるようにと学校から夜遅くに電話があった時に、「受けさせるつもりはありません。」

「あ、そうですか。任意ですからね。」

と会話があっさり終わったことがある。もうわかっている人は分かっているんだが、いつまでもマスゴミを信じて勘違いしてビビっている人が多いから、言われるままに検査を受ける人が後を絶たなくて騒ぎが終わらない。だからこそ政治の出番のはずなのに、高齢者からの人気(「支持率」という)が・・ということで高齢者感情に忖度して治めようとしない。


このたび圧勝するらしい自民党の岸田は、この国がどんなに貧乏になろうと、少子化が進んで立ち行かなくなろうと、鬱の若者が増えようと知ったことじゃない、高齢者からの人気があればそれでいいという過去にないすっ飛んだ党首である。こんな時くらい、初動時に高評価判断をした県知事に期待したくなるのに、この1年くらいはからっきしダメで、むしろ島根を潰すために送り込まれてきたのかと思いたくなるほどだ。


知事は意図して騒いでいるならやり過ぎ。もしかして勘違いしているのなら、どうでもいいPCR検査陽性者数を減らすというコロナゲームのために、経済も交通も暮らしも希望も殺す気かと問いたい。

いくらマスゴミが抵抗しようとも、参院選が終わればコロナも終わる、とさすがに思ってきただけに、ちょっと不安でならなくなってきた。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる