top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

いつまで「PCR検査ごっこ」を続けるのか

わが島根県でコロナの「PCR検査陽性者」が過去最高レベルで増えているということで騒ぎになっている。参院選が終わればさすがにコロナ騒ぎはおわる(5類へ変更)だろうと踏んでいるのだが、これを見ていてどうも怪しい気がしてきた。知事はわざと意図があって騒いでいるんじゃなくて、もしかして本当に勘違いしているのかもしれない。でもそんなことがあるだろうか。不思議でならない。


コロナ騒ぎを終わらせる根本的解決法は、このPCR検査をやめること、もしくは検査の感度を弱くするということである。「PCR検査陽性」と「この病気のやばさ」とは全くと言っていいほどリンクしないからである。そもそもこの検査自体が感染症の検査に用いてはならないものであるということはどこまで知られているのだろうか(どうせマスゴミは報じてないだろうし)。


以前我が家では、長男のクラスでコロナが出たからPCR検査を受けるようにと学校から夜遅くに電話があった時に、

「受けさせるつもりはありません。」

「あ、そうですか。任意ですからね。」

と会話があっさり終わったことがある。もうわかっている人は分かっているんだが、いつまでもマスゴミを信じて勘違いしてビビっている人が多いから、言われるままに検査を受ける人が後を絶たなくて騒ぎが終わらない。だからこそ政治の出番のはずなのに、高齢者からの人気(「支持率」という)が・・ということで高齢者感情に忖度して治めようとしない。


このたび圧勝するらしい自民党の岸田は、この国がどんなに貧乏になろうと、少子化が進んで立ち行かなくなろうと、鬱の若者が増えようと知ったことじゃない、高齢者からの人気があればそれでいいという過去にないすっ飛んだ党首である。こんな時くらい、初動時に高評価判断をした県知事に期待したくなるのに、この1年くらいはからっきしダメで、むしろ島根を潰すために送り込まれてきたのかと思いたくなるほどだ。


知事は意図して騒いでいるならやり過ぎ。もしかして勘違いしているのなら、どうでもいいPCR検査陽性者数を減らすというコロナゲームのために、経済も交通も暮らしも希望も殺す気かと問いたい。

いくらマスゴミが抵抗しようとも、参院選が終わればコロナも終わる、とさすがに思ってきただけに、ちょっと不安でならなくなってきた。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page