top of page
  • 反田孝之

かなり吹っ切った

昨日あたりからほぼ復活。90%くらい。でも10%は​残る。今は背中の痛みとか、頭痛とか。あとウソコが固いとか。まあ年中どこか悪くてだましだましやっているわけで、言ってみればいつもの自分に戻ったということ。ああ違った、酒がいまいち美味くないという大変な後遺症があった。これが続くなら、底の浅い私にとっては人生の楽しみが問われることになるという重大問題である。


まあ半分冗談ということにして、以前「体のどこも悪くないということ」という題で書いた。見るともう7年以上も前だ。確かに40歳ごろまでというのは体は不調だらけだった。それ以降、何かが「おかしい」「痛い」などということは明らかに減った。しかし「疲れた」が増えた。でもこれは歳を取るから仕方がない。子供のころから体の不調と一緒に歩んできたような私にとっては、「おかしい」「痛い」がないだけでもう充分である。


私は物心ついた時からいちいち何でも精一杯やってきた方だ。少々疲れてても痛くても、どちらかと言うと無理をしてついやってしまう。もう性分。だから不調が多いのかもしれないということはある。しかし得をした面もある。というのも、何かをごまかして怠けていると思われたことが人生でほとんどない。反田が動けないんなら本当に動けないんだろう、と思ってもらえる。(疑われていることもあるのかもしれないが、知らないことは幸せなことだ・笑)いちいち疑われる視線を感じ、常に言い訳的な言葉を用意しておく人というのがいるらしい。ご苦労なことだ。


とここまで振り返っておいて、さて、これからが問題。このたびの体調不良で精神的にいつになく吹っ切れたことがある。簡単に言えば「諦めて好きに生きる」ということ。これから歳を取る一方の体との付き合い方とこのことの関係がどうなっていくか。ここ数年悩んできたことに一定の結論が出て、新たなステージに入ったというところか。


年が明けてからの将棋の王将戦7番勝負が注目である。52歳、同い年の羽生善治が20歳の無敵藤井聡太にどう挑むのか。1つでも羽生が勝てれば第5戦は三瓶に来る。見に行きたい。


「かなり短時間で作った」とのことなので、完成度はいまいちだが、長男の詰め将棋。それでも解くのに意外にも1分以上かかってしまった。よう作るわ。俺にはできん。


最新記事

すべて表示

この言葉が好きである。昨年くらいに本でこの表現に出会った。私が無意識のうちに取ろうとする姿勢がまさにこれ。いかに含蓄がなさそうに振る舞うか。修業時代に学び、憧れ、自然に培った感覚だ。 中身がないことの言い訳だろう、と思うのは自由だし、自然か。私もそう思われて一向に構わない。このことを分かるのは簡単ではないし、分かる必要もない。だからこそ修業は難しい。ついでに、パラドックスぽくてすでに含蓄があるじ

年末くらいからずっと、やたらと眠るようになった。まず夜は毎日9時間くらい寝ている(笑)。朝6時半に起きるというのがバス通学の子供らの日課だが、私が起きれないことで家族で寝坊、ということがあって困る。 そして休日の昼間にも3~4時間くらい寝てしまう。当然子供らから残念がられるし、冬の間にやっておきたい自宅周りのことも一向に手がつかず焦っている。 平時の日中はシャンとしているのが救いか。 例年のことだ

私のファン(笑)の人にはもうお馴染みだろうけれど、「根本」と「対症」というのは私にとってもはや何をするにもキーワードである。しかしここに「順応」という言葉が最近仲間入りした。と言っても私は自然栽培農家だ、順応の概念は当然のように今まであった。だが根本に含める感覚であった。しかしこれは立派に独立した一つのカテゴリーだなと。 順応というのは、あまりにも怪しい。ここに自然という言葉を引っ付けて「自然順

bottom of page