• 反田孝之

くたびれの中に感じるいい風

暑いね~。10月にこれは異常よ。また何か酷いことにならんけりゃいいけどね。


相変わらず、忙しい。面積を背負い、個人で売るっていう経営はそういうこと。そのくせ来期以降のゴボウの縮小構想でもらう残念無念の声また声。申し訳なくて、もったいなくて、気分が落ち込む。心も体も「疲れ果てたモード」に近いけれど、最近ますます確かになりつつある近年のいい風に押されて振り絞られるように力が湧いてくる。地味に進めることは進め、思慮が必要なことは考え抜き、時には博打もして、何とか災害に振り回され迷走する今の経営からの脱出を図りたい。


今、小5の授業から帰ったばかり。驚愕の事実、ついに私より年下の校長先生が現れた!最近私の周りは私より年下ばかりになりつつあるところに、これだ。そろそろね、人生を見直せよ、という声だね、ホント。


最近、「運」ということを改まって考える。運にひたすら恵まれた私の人生だ。人生の流れ的にはどうもこの辺りでちょっと何かあるかなという気がしている。もちろん気のせいかもしれんけど。


さあ、テンションが上がっているところでガツガツ現場へ出たい!と言いたいところだがデスクワークが溜まっている。ここはグッと我慢の子。

最新記事

すべて表示

ゴボウを減らすということ

​前回に続きゴボウの縮小について。 作付けを4割減にするなら、洪水がもし来なければ収量も4割減である。しかし洪水の来た近年に単純に当てはめて比較してみると、2018年、2020年、2021年のすべてで「収量減なし」という、何か計算を間違えているのではないかという結果になっている。つまり洪水が来れば、30棟だろうと18棟だろうと収量は変わらないという当たり前のことが起きるわけだ。だったら作付けを減ら

20代で学んだ現場経営の実践本

経営をどうやって学んだか、とは時々聞かれることである。私の場合は建設業を営む両親から何となく肌で学んだというのが一番大きいだろうと思っているが、強いて言うなら、ある本を挙げることができる。今朝トイレの供を探していて本棚で久しぶりに見つけた本。おお、こんな本があったなと。 「会社をのばす主任とつぶす主任~利益をうみだす現場管理の知恵~」 飯塚孝文著 清文社 トイレでパラパラとめくってみた。内容を何も

50を過ぎて後退した自分を見つめ直す

近頃、寝る前に布団の中でこのブログのアーカイブを見ている。探し事以外で、これだけ気合を入れてみることは珍しい。 なぜ見ているかというと、今一度自分を見つめ直すため。ここ数年、経営がうまくいかない。もちろん毎年のようにやって来る大洪水のせいなんだから仕方がない。しかしだ。もし大洪水がなかったとしたらどうだったろう。もしかしてそれなりに下手な経営になってはいなかったか。大洪水に隠れて見逃してはいないか