• 反田孝之

この時期に大豆の土寄せ

ようやく大豆の土寄せが終わった・・。もう9月だというのに!

いくら遅蒔きとはいえ7月中には播種したわけで、普通ならこんなには遅くならない。しかし今年はお盆前の洪水以降ずっと畑が乾かず、唯一9月1日に乾いてやるタイミングがあったのだが、そんな日によりによってJASの検査。その日に全部やり切れずに1ha程度が今日まで残っていたわけ。


そして土寄せといったって、幼い時期にトータル4日近くも冠水してしまったために多くの株が死んでしまって、逆に草はぼうぼうだから、ただ「土を寄せた」というだけで少しは草が減るかなというだけの管理。やっていてまったく力が入らない。



日照りの中、イノシシの被害を悔やみながらやった1回目の除草が懐かしい。あんな日が、確かにあった。


力なくとりあえず管理機を走らせるだけの私をみて地元の年配農業者がやってきて、「おい、これから毎年か?」と言って苦笑する。そう、田津地区だけではない。この今田地区も毎年洪水になるのかもしれない。昔からの洪水多発地であった我が故郷だ。悪化した気象状態で他の地区に先駆けて洗礼を受けざるを得ないのだろう。今田地区ではずいぶん前から堤防が完備しており、下流を守るために切られた一角から水が入り込んでくるわけだが、ここに間もなく樋門設置工事が始まる。樋門で仕切られても内水は今まで通りに溜まり、引きの遅さも変わらないわけだから、これからどんな変化になるのかは未知数だが、まずは期待してみたい。

最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。 大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に