top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

この時期に遊べないこと

世間は連休。旅行や遊びには持ってこいの実に気持ちの良い時節である。しかし春と秋は繁忙期で、私にとってはすでに遊びとは縁のない宿命となってしまった。もう少し休日を取れる人生を、と数年前に常時雇用体制を目指したが、度重なる洪水でその路線は諦めた。だから今後もずっとこの状況が大きく改善することはない。


そう、宿命。だから私はこれでいいと思っている。


しかし根本的に10の状態を7や8にすることは諦めても、小手先で限りなく9に近づけることはできそうだ。だから工夫は続けていく。例えば昨年ちょっとだけあった余裕が今年はない。なぜないのか、来年は改善するのか、子供らの恨めしそうな様子を見るたびに、そう強く考えてやっている。


幸い原因も展望もはっきりしている。原因は新規圃場の管理が丸々増えたこと。数日前に「ここと向き合う人生」と書いたばかりだ。そしてもう一つ、収量低下の継続圃場を初心に帰ってテコ入れしていること。これについてはそのうち触れたい。


さっき懐かしくてつい昨年の写真を見ていた。長男とやっている都道府県最高地点巡り、長崎県の雲仙普賢岳、佐賀県の経ヶ岳へ登ったときのだ。


(普賢岳 1359m)


(霧が出たり消えたりの中、山頂が多くの人でにぎわう。)


1枚目の奥に映るのが、かつて火砕流で多くの犠牲者を出した平成新山(1483m)だ。もう30年余りも前になるのかと。こうやって間近でみれて感慨深かった。本当はこっちが最高地点だからぜひ登りたかったんだけど、立ち入り禁止区域で息子がいたから自粛した。1人なら見えないようにこっそり裏から登っていただろう。


(経ヶ岳 1075m)


早朝にテントを出て8時半に登頂。こちらは標高の割に奥山の雰囲気に満ちて最高だった。普賢岳と違ってほとんど人に会わなかったし。


(山頂からアプローチの道を望む。意外にも深山幽谷。)


昨年は行けたんだよね、こうやって。来年はまた行くぞ!


さて、仕事仕事。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page