top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

この暖かさと寒試し

相変わらず暖かく風の弱い日が続く。ゴボウトンネルは4日前に開けたっきりで、どうやら明後日の夕方まではこのままでよさそう。いくら何でもこの時期に考えられない。 今年は桜も早い。朝のゴミ出し時の写真。


当地では大体3月中に咲き始めれば早い方だったのに、近年は明らかに開花が早くなっている。記憶では2018年からが顕著。この時は三江線の廃止日である3月31日に桜が満開で、珍しさと出来過ぎの演出に驚いてよく覚えている。その後も、さあ記憶がちょっとあいまいだが、早いんじゃなかったか。


そして今年、今日はまだ24日。この早さが初めから「確実に」分かっていれば、農業経営はもう少し粋なものになるはずなのに。と言いつつ、旧暦では今年は確かにこの傾向が予知できる。そして地域の大先輩がやっている「寒試し」でも実はこの時期の暖かさを言い切っている。


私はこういう昔の技術をまったく否定はしていないのだが、あまり思い切ると外れたときに怖いことと、人間社会の都合があることとで、農作業の管理上では意識して無視をしている。 ちなみにこの寒試しでは、5月は前半を中心に天気が悪い、8月上旬の台風、などが読み取れるらしい。外れて欲しいから真に受けない、ということもある。人間とは難儀な生き物だ。

最新記事

すべて表示

久しぶりに静かな今田地区

今日の今田地区は、今までの静かな状態に戻っている。 実は冬から、田んぼをの中央を貫通する道路が工事規制による迂回路になっていて、交通量が増えている。中型以上は全部こちらを回るし、普通車も増えた。作業をしていて鬱陶しくてたまらない。もとより事務所から今田地区への距離も伸びている。苗箱下ろしで苗箱を運ぶ時はホトホト滅入った。この交通量の中を、片道1車線で2.2kmのでこぼこ道を最徐行で5回走った苦労を

自然栽培講座は続く

たった今、当地で行われている自然栽培講座の来年の協議をオンラインでした。 私は2年前にこれを引っ張ってくるところだけに関わった程度で、講座は関係者の皆さんと講師の内藤さんが進めている。3年目の来年も継続する見通しでホッとしているところ。 私としては、大筋の希望がすっかり適っている上に、その先の効果や詳細等は運営側の方々がよっぽど長けておられるので、口出しは一切不要。それで今、いつものように興奮して

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page