top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

この歳で「自分探し」か

こんなに晴れたのはいつ以来か。気分はすっかり春。事務所入り口からの景色。



ただ今年は同じ春でも見え方が違う。何か物悲しくてならない。「知らぬは自分ばかりなり。」そんあなことがあった。


変わる人がいる。変わらない人もいる。「全然変わらないね~」と長らくぶりに会う人に良く言われる。相手は変わらない私を期待して、変わらない私に会って喜んでいる。それは見た目であり、話し方のノリだろうから、相手にぜひ喜んで欲しいと思う私は、なるべく以前と変わらないように意識して振る舞っている。


しかし中身はずいぶん変わったことだろう。常に変わりたいと思って生きている。変わるとは知るということである。何かを知ってしまったということは、すでに今までの自分ではなくなっているということ。もっと知り、もっと変わっていきたいと願う。


ただ、変わるということと幸せになるということの間には相関がない。変わらない、つまり知らない方が良かったということはこの世にごまんと転がっている。


だから変わった方がいいのか、変わらない方がいいのか、という問いには、どちらでもいい、と答える。どちらであっても、大差のないままそのうち死んでいくのだ。ただ幸せに生きて幸せに死にたいと思うのが本能だ。だから迷い、悩む。


ちょっと前に、どうやらこの歳で「自分探し」を始めたということに気が付いてしまった。自分探しほどくだらないことはないと常々思っている私だ。これを戒めるために書き始めたら、いい具合にどうでも良くなってきた。

最新記事

すべて表示

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

そういえば私は「はんだ牛蒡さん」だった

先日の「つぬさんぽ」なるお祭りで、「今のはんだ牛蒡さんだよ」とささやきながらすれ違う人たちがいた。こういうことはままあって、その時ばかりは私がゴボウ屋であり、うちのゴボウが認知されていることの責任を痛感する。 そうだったよね。さあ、ゴボウ屋よ。このゴボウを作り続けることは責任ですよ。そしてゴボウそのものの陰に隠れた、今までの工夫と努力の過程を誰かに伝えることも。近ごろ記憶が薄れつつあるが、このなけ

人付き合いでストレスが溜まっている

人間関係でストレスが溜まっている。最近は特に。 一番の理由は、話が通じない。それと短気が多い。しかも世代を問わない。 他人の顔の裏に、支配欲、対抗心、妬み、ひがみなどが、透けて丸見え。話をすれば、論理的に会話がキャッチボールにならなくて、辛い。お互いを穏やかに認知し合った人と普通の会話をしたい。もちろんそういうシーンの方が当然多い。でもそうでないシーンがもっと少なくていい。 まあ、今に始まったこと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page