top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

この知事はまだ何をするかわからない

5類へ移行することとセットの流れで、マスクを自由にするということをようやく国が言い始めた。

このたびようやく5類にするということ。やっぱりそうだったのかと。どういうことかと言うと、事情を知っている人らの間では、2023年5月までは5類にはできないのだと知られていた。逆に言うと5月には5類になると。理由はワクチンの契約の都合。このことを私が知ったのが昨年8月。


政治ってのは大変だということは分かる。いろいろ事情があるというのもわかる。でも人の命と暮らしと子供若者をここまでズタズタにしてもいいものだろうか。いいわけがない。ジッと悔しくてならない。


それでもまだ不思議なことを言う人が権力者の中にいる。例えば島根県知事。 「吹雪の中でコートを脱ごうとしている」と知事 「5類」移行と卒業式のマスク未着用、同時に進める政府姿勢を批判 もういい加減にしてくれ。この人がいる限り島根はめちゃめちゃになる。自民が分裂しない限り今度の選挙でもどうせ勝つ。この人がまた4年もやるのかと。大場氏だったらどうだっただろう。一緒かも知れないが違うかもしれない。大場氏もう一度出ないか。


こういう人がよく言うことに「死者がまだ多く出てるじゃないか」というのがある。先日ある地方議員と話したところ、この人は死亡数を真に受けていた。この立場で知らないことにびっくりしたが、まさか知事レベルでそれはないだろう。さらには、今後予想される経済死との比較ができないはずはない。だから本当のことが知りたい。利権なのか、操られてるのか、選挙対策なのか、もっと知りたいのは側近たちはどう思っているのか。 ちなみに、もうここでいう必要ないだろうけど、現状は死亡数とは「陽性者の死亡数」であって、「コロナによる死亡数」ではない。


国が正常化しようとしているんだから、もう県知事なんて無視してもいいのかもしれない。でもわからん。学校くらいには介入してくるかもしれん。それが怖い。


コロナ対策が始まって以来ずっと、「回避できるリスク」と「失うもの」とのバランスが悪すぎた。今となっては理由がワクチン契約切れでも何でも構わないから、一日でも早くもとに戻してもらいたい。反田はどうせマスクも何もしないから関係ないじゃないか、ではない。ストレスは多いし、何よりマスクをさせられた子供たちを見るのが辛くてならない。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page