top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

これだけ進めても黄色信号

もう1週間も更新してない。それくらい今、忙しい。今年は5~6月の作付け順序の予定を変えている。田植えをまず半分やって、次に大豆を蒔く。目安としては5月中に。そして6月に入って残りの田植えをする。こうなると最大の繁忙期は6月から5月に移動したようなものだ。忙しいのは無理もない。


さあ、しかしながら、この作業順がうまくいくかどうか。これだけ進めてもどうやら黄色信号がともっている。田植えは平気だが、間の大豆播種が厄介。一昨日までの大雨でまたしばらく入れそうにない。耕うんや排水対策を間に合わせるのが微妙な感じ。転作田というのは畑と違って、まったく厄介だ。


もちろん、もし今月いっぱい好天が続くというなら行けそう。実際に5月というのはその可能性も低くはない。しかしこういう運頼みがあまりに過ぎるのは問題だ。冷静に俯瞰して来期以降の参考にしたい。 ちなみに前半の田植えは予定通りに15日開始を今日決定。苗代の今。


最新記事

すべて表示

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

雨が多い

今年は田畑が乾かないなあとボヤくだけでは収まらず、すこし焦ってきている。降水量や降水日が例年より多いのだ。実際に調べるとそうなっているが、調べるまでもなく今年は感覚でも明らかだ。 おかげで10月騒動のため溜まりに溜まった作業に、まったく手が付けられずにいる。という状態であっても、昨年に引き続き「大豆播種」→「田植え」の順で決定したから、稲の準備が半月遅くなっていて、そのおかげで何とか今はまだ、一見

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page