• 反田孝之

いきなり4頭

購入したイノシシ檻を昨日の夕方から初稼働。これまでに空檻状態で十分餌付けしてあるので余裕で成果を期待していたけど、まさかここまでかかるとは。


まずは​稼働1時間後に10キロくらいのが。


日暮れ前の明るいうちにときどき2頭で入っていたので、できれば2頭まとめて取りたいと思い、これは50mのひもを引っ張って遠くからの手動式にした。そしたら昨日18時、1頭だけ入っていて、もう腹が減って帰りたかったからシャッターを落とした。毎日必ず食いに来ていたアトピーのシシだった。


そして今朝。

今度は普通に糸による自動式で。20キロ前後のがうまい具合に3頭入ってくれた。


両方とも捕獲後はすぐに殺して埋葬。このたびはなるべく苦しまないようにと、電気式の止め刺し器を買って使った。食べるわけはなくただ殺すだけだ。立て続けに4匹やるとさすがに気分が重い。


田津の原で恒常的に悪さをしているのは、私が把握しているだけで最低9頭。まだあと5頭はいる。あと2か月でできれば殲滅したい。そして気が重い。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ