top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

それにしても、よく降る

まったく天気の悪い夏になった。8月9日の台風以来、まともに晴れた日がない。ここまで天気の悪い夏は、私が農業を始めた2004年以降では初めてだ。2011年も悪かったが、ここまでではなかった。


本来ならこんな雨がちの夏は、うちの栽培作物にとっては理想だし、涼しいのも嬉しい。しかし何と言っても先の冠水の後である。遅まきの大豆はすっかり弱ってしまったし、ゴボウは救出作業ができないまますっかり腐ってしまった。いろいろな管理作業ができないのも痛い。


渡地区で育つ緑肥のクロタラリアを早く刈って欲しいともうずいぶん前から地区の農地管理の指揮を執る親父に言われている。入り込んだイノシシがこの中に住み着いている可能性が高いという。故障上がりのモアで昨日突入してみたところ、遅すぎた、案の定まったく能率が上がらない。仕方がないのでロータリーですき込むことに。しかしトラクターがパンク修理などで1台入院中ですぐに使えるトラクターがない。


そのパンクのトラクターだが、昨日、人為的な仕業、つまり犯罪と断定。やってくれるよ。困ったもんだ。


最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page