• 反田孝之

それにしても、よく降る

まったく天気の悪い夏になった。8月9日の台風以来、まともに晴れた日がない。ここまで天気の悪い夏は、私が農業を始めた2004年以降では初めてだ。2011年も悪かったが、ここまでではなかった。


本来ならこんな雨がちの夏は、うちの栽培作物にとっては理想だし、涼しいのも嬉しい。しかし何と言っても先の冠水の後である。遅まきの大豆はすっかり弱ってしまったし、ゴボウは救出作業ができないまますっかり腐ってしまった。いろいろな管理作業ができないのも痛い。


渡地区で育つ緑肥のクロタラリアを早く刈って欲しいともうずいぶん前から地区の農地管理の指揮を執る親父に言われている。入り込んだイノシシがこの中に住み着いている可能性が高いという。故障上がりのモアで昨日突入してみたところ、遅すぎた、案の定まったく能率が上がらない。仕方がないのでロータリーですき込むことに。しかしトラクターがパンク修理などで1台入院中ですぐに使えるトラクターがない。


そのパンクのトラクターだが、昨日、人為的な仕業、つまり犯罪と断定。やってくれるよ。困ったもんだ。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか