• 反田孝之

ただただ進める

今日はトンネル設置の谷間。おととい、昨日とやったから、3連ちゃんはさすがに堪える。


でも今年は山藤君が夕方から手伝ってくれているので、17時過ぎには終わる。時間的には1人でやった場合と比べて1時間しか変わらないと言うなかれ。連日疲労した体にとっては精神的な負担感が激減だ。


トンネル設置は、あと22棟、5日半。次はあさってを予定。勝手を言うが、そろそろ1発まとまった雨が欲しい。でないと土が乾き過ぎてトンネルを立てれない圃場がある。


休憩終わり。そろそろ行くか。トラクターに乗っていても、思い作業機を付け替えていても、何をやっていても眠い。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ