• 反田孝之

ただただ進める

今日はトンネル設置の谷間。おととい、昨日とやったから、3連ちゃんはさすがに堪える。


でも今年は山藤君が夕方から手伝ってくれているので、17時過ぎには終わる。時間的には1人でやった場合と比べて1時間しか変わらないと言うなかれ。連日疲労した体にとっては精神的な負担感が激減だ。


トンネル設置は、あと22棟、5日半。次はあさってを予定。勝手を言うが、そろそろ1発まとまった雨が欲しい。でないと土が乾き過ぎてトンネルを立てれない圃場がある。


休憩終わり。そろそろ行くか。トラクターに乗っていても、思い作業機を付け替えていても、何をやっていても眠い。

最新記事

すべて表示

大豆の個人向け販売を少しだけ見直し

今日は朝2番から大豆の販売についての思案をしている。近年大豆が欲しいという人が増えていて、もともと知り合いにお分けする趣旨で始めた直接販売だから、細部が詰まっていなくて、いくらか整合性が取れないことが出てきている。販売では極力平等性を重んじたい。考えることは価格のことがメイン。 そして前提として、今年の不作。大豆にも「販売の信義」ということがあるから、単に得な方へは走るわけには当然行かなくて、お付

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親