top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

ただ〇〇したかっただけなのに・・

「コロナ脳」とは「コロナにかからないためなら他のことはどうでもいい」という日常を定量的に俯瞰できない人を揶揄する言葉らしい。例はいろいろあるが、直接的で象徴的なのが、コロナにかからないためなら他の病気になってもいい、寿命が縮まってもいい、と解釈されても仕方のない態度だ。


これでは確かに揶揄の対象にもなる。しかしだ。実は他人事ではない。これと同じ思考回路を誰もが持っている。自分にとって絶対に譲れないことがあったときに、それを死守するためには他のことはどうなってもいいと考えるのは、ほとんどすべての人に当てはまるのではないか。


私もちょっと前には、「マスクは絶対にしない。その結果他のことがどうなってもいい。例えば友達をなくしてもいい、社会的に孤立してもいい。」と真剣に考えていた。(もちろん今でも。)だからそうなっても後悔はしない。それはそう覚悟しているからだ。


一方で、覚悟なくこの回路にはまっている人もいる。だからそうなったときに悲しんだり後悔したりする。自分にとって何かひどい目に遭ったときに、「自分はただ〇〇したかっただけなのに(それのどこがいけないのか)」と悔やんでいる人を見かける。でも当たり前。ただ〇〇したいだけだといって他のことはどうでもいいと考えている(考えているつもりはなくてもそうなっている)からそうなるわけだ。


ただ幸せに暮らしたかっただけなのに・・などはその典型。ただ幸せに暮らしたくて他のことをないがしろにするからそうなるのだ。幸せに暮らしたいのなら、「だけ」とか言わずに、他のことも少々は妥協して飲み込まなくてはならない。それが嫌なら覚悟すること。そうすれば後悔はしない。

最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page