• 反田孝之

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。


焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労が増える。


それともう一つ。トレンチャー由来の「落ち込み」が発生している可能性がある。播種前からあの光景を見たのでは、収穫までの8か月間ずっとテンションが上がらない。落ち込んだ場所は例外なくゴボウの歩留まりが下がるのだ。といって今さらトレンチャーをかけ直す選択肢はない。まあ、こんなに降っているのだ。間違いなく発生はしている。問題は、程度だ。


それにしてもこの雨がちの11月が、ついに来たなと。たびたび書いてきたことで、大豆収穫~調整を内製化した3年前からずっと心配していたことだ。現状、冬の到来までに大豆をすべて自前で処理し、かつゴボウトンネルを30棟建てるというのは、物理的に辛うじて可能なことであるのだ。つまりちょっとでも雨がちであるとか、私や家族の健康に何か問題が起きるとか、他に作業に支障をきたす何かがあったなら、これらのすべての遂行は不可能になる。もちろん不可能だからとやらねば大変なことになる。そして11月というのはしばしばこういう雨がちな年があるものだ。この3年はまったくもってラッキーだったと言うしかない。


そしてついに来た今年。図らずも大豆の大不作とゴボウの縮小。まだこれからの天気次第ではあるものの、おかげでというか何というか、これなら何とかなりそうである。私が死ぬ(本当に死ぬ)リスクがないというのも何とも心地よい。


常時雇用体制の構想を諦めた今、冬前のこの現実を考えると、ゴボウの縮小というのは必然なのかもしれない。そしてもう一つの大豆。当面7ha台の作付けは維持したいので、工夫が必要。品種を選ぶことが案の一つ。試しの今年、上手くいっている。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り