• 反田孝之

ついに悟ったか(笑)

私が暇つぶしで書いているこんなものを読んでくれている人は知ってくれてるんじゃないか。私は日ごろから「悟りたい」と願って生きている。​ただ悟るということがどういうことなのかはよくは知らない。そして悟れば何かいいことがあるのか、私の周囲の人とか家族とか女房とかを幸せにできるのか、とかも知らない(まあ女房はすでに幸せにしてしまったけどね)。知らない境地だから漠然と求めてみたいと思うである。


で、今朝。コタツで仰向けに寝転がって天井を眺めていたら、悟ってしまった(笑)。もちろん悟った境地を知らないのだから悟ったかどうかがわからない。でも何かとてつもなく大きな気づきが降りてきた


どんなことかを簡単に言うと、「自分の反対が他人だと考えるからすべてがおかしなことになってしまう。自分の反対は自然だと考えるのがよい。」ということ。こう考えると、世の中のあらゆる問題の原因、例えば人はなぜ妬むのかとか、個性をいびつな形で無理に発揮しようとするのかとか、偉そうにしたいのかとか、の小さなことから、日本人はなぜコロナ騒ぎが修正できないのかとかの大きなことまでが見えてくるような気がする。まあ今までだって自分なりに分析して様々な視点を見出してきたつもりだけど、このたびはそれらの比ではない、大きく物事の核心を突いたかなあというようなこと。


じゃあこの気づきをどう活かすのか。これがまた微妙である。そのうちまたそのことへの気づきがあるかも。そう思ってまた地味に余生を生きて行く。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる