top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

とある総会に招かれて

昨日、とある団体の総会に招かれた。スピーチを求められてのものだが、諸事情あったとはいえ、準備段階から本番までの私のすっかりのポンコツぶりに呆れることになった。どうしてこんなに急速に錆び付くのかと。今思えばもう少し気の利いた話ができたのにと、みなさまにはただただ申し訳ない思いである。ただ自然栽培にそれなりに興味を持っていただけたようなので、それをせめてもの慰めとしたい。


それにしても正直なところ、話をいただくまでは、農業分野の団体であるにもかかわらず、その団体の存在を知らなかった。しかしその理由を私の社会性の無さにのみ押し付けられるものではないだろう。政治がらみの色が濃いからだ。


会の活動などの資料もいただいて目を通し、私も何かと考えることがないわけでもない。しかし私は常に自由でありたい。私が志向する社会の方向と少しでも接点があるのなら、誰にでだって協力をしたい。私には政治や、権威主義というものが、どうにも鬱陶しい。右と左どころか、前も後ろもないのである。


スピーチでは舌足らずになったが、小さいながらも私と同じような信念を持つ農家の、何と言えばいいか、盾というか、認知のよすがというか、そういう存在になりたいがために、私はこのような規模の経営を志向した。だからうちのような規模の農家は、目的を達成すれば解散するべきという組織本来のありかたに沿えばいずれはなくなるべきであるし、目的の達成のためには経営方針を変えることだって恐れるべきでないというのが、小さい農業こそ普及されるべきと考える私の思いである。つまり活動のための活動ではなく、目的のための活動をするべきということである。このことはどこでも普遍のことであるはずである。ということを同時に青臭く言わないわけにはいかない。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page