top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

とある総会に招かれて

昨日、とある団体の総会に招かれた。スピーチを求められてのものだが、諸事情あったとはいえ、準備段階から本番までの私のすっかりのポンコツぶりに呆れることになった。どうしてこんなに急速に錆び付くのかと。今思えばもう少し気の利いた話ができたのにと、みなさまにはただただ申し訳ない思いである。ただ自然栽培にそれなりに興味を持っていただけたようなので、それをせめてもの慰めとしたい。


それにしても正直なところ、話をいただくまでは、農業分野の団体であるにもかかわらず、その団体の存在を知らなかった。しかしその理由を私の社会性の無さにのみ押し付けられるものではないだろう。政治がらみの色が濃いからだ。


会の活動などの資料もいただいて目を通し、私も何かと考えることがないわけでもない。しかし私は常に自由でありたい。私が志向する社会の方向と少しでも接点があるのなら、誰にでだって協力をしたい。私には政治や、権威主義というものが、どうにも鬱陶しい。右と左どころか、前も後ろもないのである。


スピーチでは舌足らずになったが、小さいながらも私と同じような信念を持つ農家の、何と言えばいいか、盾というか、認知のよすがというか、そういう存在になりたいがために、私はこのような規模の経営を志向した。だからうちのような規模の農家は、目的を達成すれば解散するべきという組織本来のありかたに沿えばいずれはなくなるべきであるし、目的の達成のためには経営方針を変えることだって恐れるべきでないというのが、小さい農業こそ普及されるべきと考える私の思いである。つまり活動のための活動ではなく、目的のための活動をするべきということである。このことはどこでも普遍のことであるはずである。ということを同時に青臭く言わないわけにはいかない。

最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page