• 反田孝之

許しがたいマスコミ

某テレビ局からの番組協力依頼があった。今回は全国放送。


以前なら、世の中に訴えたいことが一つでも伝わるのであればと受けてきた。しかし残念ながら、このたびはせっかくの全国放送というのにお断りした。理由はこのたびのコロナ報道のひどさ。マスコミという媒体を利用することがどれだけ有意義かということは百も承知だし、私1人が反発したところで先方にとっては屁にもならないということは千も承知。だが総力を挙げて社会を混乱させようとしている企業に露骨に協力するという自分の姿をどうにも想像することができなかった。


今後、まともな総括がなされない限りは、取材を始めとするあらゆるマスコミへの協力はできそうにない。このたびのように理由も伝えてお断りするつもりでいる。それだけ私の憤りは大きい。


最近はマスクしている人がさらに増えたようだ。これも第2波が来たというマスコミの煽りのせいであることはもはや疑いようがない。マスクをするだけなら個人の自由だが、根がそう浅くないことは誰もが感じている通りだ。社会はどこまで崩れ、人々は分断されていくのか。


ちなみに第2波など来ていないことは、状況をよく調べている人には周知のこと。(コロナは完全に「収束」している。「終息」はあり得ない。)


●感染者の増加 → 単に検査数の増加

●若年層の感染増加 → 夜の職業への検査数の増加

●死者の増加 → 6月18日づけで指定感染症としての報告方法を徹底


と全部からくりがある。


尾身さんが2類から5類への変更を検討すると言ったから期待したけど、もうちょっと様子見ようという声に押されたらしい。これをやってたら安倍さんの花道になったんだろうけど。




この週末は本当の最後の「夏」へ。島根半島の先端を家族でクルージング。幼児は船ではいつも神妙なのね。みんなそうだった。白いのは美保関灯台。日御碕のより1つ年上なんだって。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ