top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。


用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。


しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的にも大変な方法で計画が勝手になされている。金もおりたのですでにやらないわけにはいかないのだとか。明らかにもっと効果的で楽な方法があるというのに。勝手にやれよ、俺はやらんぞ、こんなくだらんこと。「一言相談してくれれば良かったのに」と皮肉を言ってみたが甲斐はない。単に私を認めたくない、私の言うとおりにやって上手くいくのが面白くない、というあまりに幼稚なひねくれ根性だからだ。今までずっとジッと耐えて穏やかに接してきたが、いい加減キレるぞ。


ただ単に私の言うことの反対を言いたがるとか、否定したがる人というのが、私の周りにはちょこちょこいる。会話をしているとわかる。無視して済む場合もあれば、そうでない場合もある。本当に面倒だ。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

コメント


bottom of page