top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。


ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定。


大豆の管理が最期を迎えている。あと4haの土寄せですべてが終わる。土日の間に絶対に終わらせる。


というのは当初の予定でなんてことないのだが、ここに今、にわかにイノシシ被害が出始めていて、その対策に時間が割かれているのだ。周囲の既存の柵が低くてそれを飛び越えて入ってくるので、その柵にワイヤーメッシュを張り足す作業。本来なら地域に落ちる補助金を使って、関係者が総出でやれば、誰も懐を傷めずにあっという間に終わることなのだが、ここでは情けないことにそうはいかないのだ。私が自腹を切ってすべて一人でやっている。


今日これからやる区間は柵の上に電気柵を乗せる。ここは研修生が畑をやる予定の場所で、サル対策と兼ねる必要があるから。ここは研修生とやる。


入られた付近を塞げば、また別のところから飛び越えて入る。そしてその付近をまた塞ぐ。この繰り返し。こうやって少しずつ進めて結局7~800mすべてを塞がねばなるまい。


田んぼの土が赤くなっている。条間の中耕もやりたいんだけどね。目標は毎年4回。でもいつも2回しかできんのよな。こんなことで。

最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

明日から雨

明日午後からの1日半で150mm予報が出ている。それだけ降ったら、畑も転作田も次はいつ入れるかわからなくなる。ついにギロチンが落ちる。 しかし今回はやるだけのことはやった。大豆は残るは土寄せだけで、もう失敗することはないだろう。そして洪水にも遭わない。今田地区は堤防ですべて囲まれたから。 田んぼの除草も今のところは順調。こちらは雨でも進めていける。 気がかりはただただゴボウ。明日2回目が掘れるとし

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page