top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

まさかの種籾の不足

種籾の予措を明日に控えた今日、芒取り。自然栽培区のは冬のうちに終わらせているので、有機栽培区のを。


(2012年)

そしたら参った参った。籾が溜まらないのだ。つまり籾が瘦せていて横から弾かれてしまうのが多いということ。籾はあらかじめ70キロくらい取ってあって、例年の感じだとこの芒取りの時に半分くらいに、塩水選でさらに半分くらいに減って、18キロを確保するという計画だった。しかしこのたび、芒取り段階で18キロしかない。ちなみに網目は2.15。


さあどうするか。明日には予措のつもりなので、今さら種もみを調達する気はない。今のところ余裕のある自然栽培

の方の塩水選を少し緩めて、有機の方に回そうかという気になっている。が他にも選択肢があるので、明日までにもう少し考えてみたい。

それにしてもギリギリの芒取りは油断。もっとも2.15の網目で芒取り段階で70キロが18キロになるなんて想像もつかんかった。昨秋の収穫~籾摺りの状況からではむしろ有機の方が粒が大きかったし、歩留まりがそんなに悪いとも思わなかったので不思議だ。


何年やっても、いろいろあるの~。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page