• 反田孝之

まさか大豆の1回目除草が終わった

一昨日、土曜の夜は、気分がすっかりオフモード。翌日曜は、今田地区の檻に多分かかっているであろう2頭のイノシシを止め刺して、回送、埋葬したら、除草できずしくじった大豆のことなんかすっかり忘れて、久々の休日!(といっても子供の相手だが)を過ごそうと思っていた。


近頃今田の圃場をばっこしているイノシシは大が1、小が2。大は川側から、小は山側から。しかし見たわけではない。足跡でわかるのだ。


小2が大豆をほじくり始めたので、餌付けの日々からついに檻をセット。そして翌、日曜の朝。



予定通りの2頭を確認して、大豆畑に降り立ってみる。なんと、乾いているじゃないか。マジか。天気予報もいい方に変わって意外と降りそうにないし、ということは大豆の除草の続きをやらねばならない!


急ぎイノシシを埋葬し、とんぼ返り。ということで、まさかまさかで播いた大豆の1回目の除草がすべて終わった。心の準備がなかったから最後はヘロヘロ。でも安ど感が半端でない。


もっとも播種直後に強雨に叩かれているため、草が多い上に土が固く、除草機は満足にはかかっていない。株間の草がかなり残っていてヘタをすると十分に大草コース。でもやらなかった場合と比べると雲泥の差。



このあと草を抑えられるかどうかはこれから1週間の天気次第。前線は意外と上ずってるのよな。このまま北に消えてくれんかな。

最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ