top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

まさか大豆の1回目除草が終わった

一昨日、土曜の夜は、気分がすっかりオフモード。翌日曜は、今田地区の檻に多分かかっているであろう2頭のイノシシを止め刺して、回送、埋葬したら、除草できずしくじった大豆のことなんかすっかり忘れて、久々の休日!(といっても子供の相手だが)を過ごそうと思っていた。


近頃今田の圃場をばっこしているイノシシは大が1、小が2。大は川側から、小は山側から。しかし見たわけではない。足跡でわかるのだ。


小2が大豆をほじくり始めたので、餌付けの日々からついに檻をセット。そして翌、日曜の朝。



予定通りの2頭を確認して、大豆畑に降り立ってみる。なんと、乾いているじゃないか。マジか。天気予報もいい方に変わって意外と降りそうにないし、ということは大豆の除草の続きをやらねばならない!


急ぎイノシシを埋葬し、とんぼ返り。ということで、まさかまさかで播いた大豆の1回目の除草がすべて終わった。心の準備がなかったから最後はヘロヘロ。でも安ど感が半端でない。


もっとも播種直後に強雨に叩かれているため、草が多い上に土が固く、除草機は満足にはかかっていない。株間の草がかなり残っていてヘタをすると十分に大草コース。でもやらなかった場合と比べると雲泥の差。



このあと草を抑えられるかどうかはこれから1週間の天気次第。前線は意外と上ずってるのよな。このまま北に消えてくれんかな。

最新記事

すべて表示

最大の繁忙期に突入

毎日暑い中、​淡々と作業は進み、今日これから大豆の播種準備を。作業機を付け替え、播種機をつけ、姿勢を調整し、できれば今日いくらかは播種を始めたい。 明後日の台風由来の雨をずっと心配していて、降雨量が一体どのくらいになるのか。これが肝心なのだ。予報が常に変わる中、「日本気象協会」の今の予報は2日間で35mm。面積がしれている人なら雨明けを待ったほうがよくても、うちは9haあるのだから、しかもかなり乾

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

国道の通行止めでホトホト困った

13日の夕方からの​国道261号の崩土および通行止めで滅入っている。う回路が一車線で5kmに及び、大変難儀をしている。14日朝の通勤時間帯は最悪。下手な車が往生して、もうちょっとで詰むところだった。車を降りて誘導を強いられることはこれまでに2度。 私の前の車が、対向車が来ても寄らない。それで対向車がバックしようとするが、バックが下手で埒が明かない。私が車から降りて前の車に、 私:「もうちょっとこっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page