• 反田孝之

まさか大豆の1回目除草が終わった

一昨日、土曜の夜は、気分がすっかりオフモード。翌日曜は、今田地区の檻に多分かかっているであろう2頭のイノシシを止め刺して、回送、埋葬したら、除草できずしくじった大豆のことなんかすっかり忘れて、久々の休日!(といっても子供の相手だが)を過ごそうと思っていた。


近頃今田の圃場をばっこしているイノシシは大が1、小が2。大は川側から、小は山側から。しかし見たわけではない。足跡でわかるのだ。


小2が大豆をほじくり始めたので、餌付けの日々からついに檻をセット。そして翌、日曜の朝。



予定通りの2頭を確認して、大豆畑に降り立ってみる。なんと、乾いているじゃないか。マジか。天気予報もいい方に変わって意外と降りそうにないし、ということは大豆の除草の続きをやらねばならない!


急ぎイノシシを埋葬し、とんぼ返り。ということで、まさかまさかで播いた大豆の1回目の除草がすべて終わった。心の準備がなかったから最後はヘロヘロ。でも安ど感が半端でない。


もっとも播種直後に強雨に叩かれているため、草が多い上に土が固く、除草機は満足にはかかっていない。株間の草がかなり残っていてヘタをすると十分に大草コース。でもやらなかった場合と比べると雲泥の差。



このあと草を抑えられるかどうかはこれから1週間の天気次第。前線は意外と上ずってるのよな。このまま北に消えてくれんかな。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り