top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

まじか、作業集中

気分は泥落としなどと書いたところが、まあ案の定というか、そうは問屋が卸さない。明後日まで、また何だかんだと作業が集中している。


ケチは土日の雨量。一気にあれだけ降ると田んぼの水深が上がって除草機が上手くかからない。それで仕方なく土日はのんきに休んで、水深の調節がきく昨日になって観察した結果、除草機がけのタイミングリミットの圃場が多いことが判明。もう少し猶予があると思ってんだけどね。広いので普段からの観察が楽じゃないわけよ。


それで昨日からとりあえず除草を本線に始めている。しかし昨日は給食米部会の勉強会で半日潰れたし、今日からゴボウの収穫を再開したし、今日はさらにこれから次の収穫ごぼう圃場の葉っぱを刈りにいかんとならん。バックホウの回送とかも。


そして何より、大豆の土寄せがタイミングを迎えている。たぶん圃場に入れそうな明日には入らないと、花が咲くまでに天気の都合でできず仕舞いになる可能性は決して低くない。


ということで、すべてをやることは無理などころか、かなりを捨てなければならないことになった。それで何を捨てるのか。寝ていても、飯を食っていても、除草機をかけていても、ずっと考えている。いつものことながら嫌な判断だ。


と言いながら、昨夜は給食米メンバー有志で楽しい酒を。それをやらなきゃ田んぼ50aが救われたんだけど(笑)。まあいいじゃん、いくらかやけになって楽しんだって。それからこんなもん書いている場合ではないわけだが、もう体も限界に近い。いいじゃん、やけになって休んでも。人生万事塞翁が馬よ。


こんな事情や悩みを知り得ない人向けに、わざわざ書いてみた。

最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

Comments


bottom of page