• 反田孝之

まだコロナ騒動やってんのか(怒)

昨日の取材が全国放送だったとは知らなかった。そして多くの反応に驚いた。

(トップページに状況を一言書いてます。)


また新聞を広げて驚く。まだコロナ騒動やってんのかと。しかもこんなに派手に県内の女子大生への仕打ち。この度のコロナ騒動の戦犯の第一はマスコミだと考え、そのマスコミをマスゴミと揶揄する私にとって、昨日の取材を受けたことは明らかに間違いだったなと思い直し、昨日のブログは削除した。


コロナ報道でも災害報道でも何でも、あらかじめストーリがある。何を話してもその方向へ誘導されて報道されてしまう。今後は災害取材はすべてお断りをすることにした。


昨日の取材者らも凄かったね。全員マスクをしていた。あんな仕打ちを平気でするくらいだからまあ当然か。


私がコロナ脳の人たちに言いたいのは一つだけ。


感染拡大防止!というけど、感染したら何がいけないのか説明してくれ。


重症化率も死亡率も他の病気(インフルエンザとか)に比べると圧倒的に小さいのに、もうそういう「事実」がでているのに、何なんだと。その事実に出会う機会がない、という人もいるのは仕方がないが、ちょっと調べる能力のある人でもほとんどの人が興味なし。こんな社会でいいと個人レベルで本当に思ってるのか。興味なし社会、思考停止社会。だからむしろ「反田の言うことはわかるけど、自分はワクチン利権を応援したいんだ!」という説明の方が清々する。私には理解不能だが、それならコロナ騒動を応援する立派な理由だろう。


先日聞いた人は「テレビでやばいんだといっている」ということだった。ほとんどの人がそうだろうなということがあまりに容易に想像できる。


解決への世間の雰囲気も、根本を置き去りにして対症一辺倒。災害も同じ。おそらくこれからどんどん酷くなる。そういう意味で、本当に大変な時代になった。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ