• 反田孝之

まだコロナ騒動やってんのか(怒)

昨日の取材が全国放送だったとは知らなかった。そして多くの反応に驚いた。

(トップページに状況を一言書いてます。)


また新聞を広げて驚く。まだコロナ騒動やってんのかと。しかもこんなに派手に県内の女子大生への仕打ち。この度のコロナ騒動の戦犯の第一はマスコミだと考え、そのマスコミをマスゴミと揶揄する私にとって、昨日の取材を受けたことは明らかに間違いだったなと思い直し、昨日のブログは削除した。


コロナ報道でも災害報道でも何でも、あらかじめストーリがある。何を話してもその方向へ誘導されて報道されてしまう。今後は災害取材はすべてお断りをすることにした。


昨日の取材者らも凄かったね。全員マスクをしていた。あんな仕打ちを平気でするくらいだからまあ当然か。


私がコロナ脳の人たちに言いたいのは一つだけ。


感染拡大防止!というけど、感染したら何がいけないのか説明してくれ。


重症化率も死亡率も他の病気(インフルエンザとか)に比べると圧倒的に小さいのに、もうそういう「事実」がでているのに、何なんだと。その事実に出会う機会がない、という人もいるのは仕方がないが、ちょっと調べる能力のある人でもほとんどの人が興味なし。こんな社会でいいと個人レベルで本当に思ってるのか。興味なし社会、思考停止社会。だからむしろ「反田の言うことはわかるけど、自分はワクチン利権を応援したいんだ!」という説明の方が清々する。私には理解不能だが、それならコロナ騒動を応援する立派な理由だろう。


先日聞いた人は「テレビでやばいんだといっている」ということだった。ほとんどの人がそうだろうなということがあまりに容易に想像できる。


解決への世間の雰囲気も、根本を置き去りにして対症一辺倒。災害も同じ。おそらくこれからどんどん酷くなる。そういう意味で、本当に大変な時代になった。

最新記事

すべて表示

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。 つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表される

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事