top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

もみ殻の袋受けがめんどくせえ

稲刈りと籾摺りで極めてタイトな日々。稲刈りは45%、籾摺りは35%が終了。まだまだ3分の1か~、と途方に暮れる。


一番くたびれるのは、もみ殻の袋受け。今年はイレギュラーだから、と頑張ってやっていたけど、進めるにつれていろいろ判明してきて、どうも毎年必要な作業のうような気配。ああ、何に使うかというと暗渠排水用。思った以上に大量に使うようだし、施工も大変なので、どうも毎年少しづつ施工するしかないみたい。こりゃ何だかんだとまた楽な方法を考えんとならん。


ま、袋詰めなんてそんな大した作業ではないんだけどね。籾摺りで途方に暮れるのも、袋詰めが辛いのも、すべては片足のせい(笑)。これについてはそのうち触れる。最近近所であった衝撃の不幸を思えば、ま、生きているだけで丸儲け。そう思うのがいい。

籾摺りに追われる私をよそ目にお楽しみの我が子たち。あんたらには癒されるわ。みんなで生きていこ。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

留言


留言功能已關閉。
bottom of page