• 反田孝之

やりくりで、トンネルが終わる

今朝残りのマイカ線張りを済ませ、今期のトンネル設置(秋まきゴボウの作付け)が終了。目標の今月内完了をギリギリで果たして、まずはホッとしたところである。


この度は最後にすったもんだとなり、前回書いた心配の通りで、26日の夕方は風が収まらずビニールが張れなかった。翌27日も無理。それで28日の早朝から、どうしても2人いないとできない20分間について、女房は末っ子の子守で難しいので、中1の長男に手伝わせた。ビニールをただ2人で引っ張るだけのことではあるが、かつて背中に背負ったり、そのビニールの上に転がしていたりしていたことを思い出して、実に感慨無量。


(2009年11月28日)


そしてその日の午前中で中途だった4棟を完成させ、午後から2棟を初めから。ここでもどうしても2人必要な作業が夕方に1時間ほどある。この時は子供らを3人とも連れて一緒に畑へ行き、そばで一緒に遊ばせておいた。時々、オシッコやらウンチのお呼びがかかったり、(次男が)泣き出してしまったりというシーンがあるにはあったが、何とかいい子にして皆で遊んでくれた。こうやって手がかからなくなったんだなあと夫婦でしみじみ。



そして昨日29日に新たに4棟をほぼ終わらせ、30日午前、畑の片づけの後、借りた機械の返却まで終わらせたところ。


これに加えて、28日の夜は、こんな時に遠来の客と遅くまで一杯やって楽しんだりして、昨日あたりは動けなくなるくらいにきつかった(笑)。これを書く今、あまりにもフヌケ。明日1日は体を休めて、今度は残りの大豆の収穫~調整を進めなければならない。

最新記事

すべて表示

ごぼうの出荷を本格的に始めてから実質16年目になる。この間、新規就農者の身では当然のことながら出荷先にゴボウの品質の点でご迷惑をかけてきた。 一番多いのが、腐れ。店舗に並んで程なく、またひどい時にはゴボウが到着して箱を開けたときすでにゴボウが腐ってしまっているのである。 その都度状況を聞き、写真を送ってもらい、対策をとってきた。そして状況や原因には何パターンかあることが分かってきた。今年は少し多く