• 反田孝之

ようやく梅雨明けの兆し

天気予報で、ようやく梅雨明けの兆しが表れた。


今の農業を始めて17回目の梅雨だが、これほど田畑が乾く暇がなく、期間の長かった梅雨はない。私の経験では、春に旧暦の閏月が入る年は夏前後が乱れやすい。今年はまさにその年だった。


気象条件を言い訳にできるほど、経営に余裕はない。何度も書いてきたが、気象に左右されない栽培技術の確立にジッと取り組んでいくしかない。

最新記事

すべて表示

右肩の激痛

予定通り、今日明日で苗箱下ろし。 しかしこの3日くらいエライことになっていた。 4日前の夜から右肩が激痛。腕をピクリとも動かせないのはもちろん、まともに寝ることもできない。どうなってしまうのか・・の不安の中で2日間安静にしたところで急速に痛みが引いてゆき、昨日の夜からは100%元通り。 なんだったのだ。

着圧タイツの副作用

昨日の夕方はすっかり足が棒になった。情けない。農繁期と比べると「へ」ほどにしか動いていないのだけれど、動きと言えば四つん這いがメインの冬に筋力が落ちるのはいつものこと。徐々に「リハビリ」をして春に合わせていくことになる。 こうなると、こんな日は去年なら着圧タイツを履いたことだろう。履くだけで足のだるさを感じないようになる。しかしその副作用が何なのかをずっと考え続けてきて(→ ★)答えは出た。きっと