• 反田孝之

ようやく梅雨明けの兆し

天気予報で、ようやく梅雨明けの兆しが表れた。


今の農業を始めて17回目の梅雨だが、これほど田畑が乾く暇がなく、期間の長かった梅雨はない。私の経験では、春に旧暦の閏月が入る年は夏前後が乱れやすい。今年はまさにその年だった。


気象条件を言い訳にできるほど、経営に余裕はない。何度も書いてきたが、気象に左右されない栽培技術の確立にジッと取り組んでいくしかない。

最新記事

すべて表示

にわかに頭が忙しい。仕事のこと以外で。 この時期こういうのは要注意。高温と強風でトンネルビニールにとって厄介な時期になっているし、育苗関連の作業もそれなりに微妙な綱渡り。他にもタイミング事が入ってきており、頭はしっかりこちらに向けておかねばならない。 しかしね。仕事以外でも譲れないことってある。譲れないは言い過ぎか、そういうわけではないんだけど、あまりに残念だというようなこと。いい方向に行って、い