top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

ようやく籾摺りが進みだした

久々のまとまった雨。やっぱ雨ってのは、弱く長く降るというのが大切だな。


こうなると割り切って籾摺り作業に専念できる。作業場の様子。


フレコンバッグに仮出しした籾を擦っているところ。


今年の今までと違う点は、もみ殻の処理。今まではマクーラで受けてその都度田んぼに捨てに行ってたけど、来春に大量の乾いたもみ殻を使う予定があるためストックしなければならない。それでこんな感じで。


マクーラから作業場に排出して、それを袋で取る。それなりに大変だが、どうせ籾摺りのペースが7袋/時間と遅いため、袋詰めの間の待ち時間を有効利用できる。


これもその待ち時間を使って書いている。ああ、もうピッピいってるわ。弁当も落ち着いて食えん。

最新記事

すべて表示

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page