• 反田孝之

ようやく籾摺りが進みだした

久々のまとまった雨。やっぱ雨ってのは、弱く長く降るというのが大切だな。


こうなると割り切って籾摺り作業に専念できる。作業場の様子。


フレコンバッグに仮出しした籾を擦っているところ。


今年の今までと違う点は、もみ殻の処理。今まではマクーラで受けてその都度田んぼに捨てに行ってたけど、来春に大量の乾いたもみ殻を使う予定があるためストックしなければならない。それでこんな感じで。


マクーラから作業場に排出して、それを袋で取る。それなりに大変だが、どうせ籾摺りのペースが7袋/時間と遅いため、袋詰めの間の待ち時間を有効利用できる。


これもその待ち時間を使って書いている。ああ、もうピッピいってるわ。弁当も落ち着いて食えん。

最新記事

すべて表示

突風が吹き荒れて育苗トンネルがやられた

暴風というより突風が昨日から吹き荒れて、にわかに慌ただしい。苗代がやられて。 従来のやり方のところは何も問題はない。トンネルにしたところがシートが剝がされてしまった。風が収まらないので直すのは無理。かといって発芽したてなので放っておくと鳥にやられる。それだけならテグスをちょいちょい張っておけばOKだけど、もう一つ問題が。 それはイネアオムシの被害の可能性。2010年に初めて大被害を受け、それ以来裸