top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

イノシシのせいで猛烈に忙しい

今日から子ども達は2学期。それに合わせて私も弁当持ち。さっそくこうやって書いている。


実は1週間くらい前から猛烈な繁忙期になっている。稲刈りの準備、田津地区の遊休地管理、大豆畑周辺の草刈り、緑肥後の耕うん、JAS検査などなど、すべて急ぐ作業ばかりで途方に暮れていたところに、追い打ちでイノシシの猛威。


このたびのイノシシ(推定4頭)はみな利口で意地が悪い。田んぼの潰し方もひどい。


見回り、補修、電気柵設置の手間が半端でない。冬の間の補強が実って今年はほぼ被害がなかったのに。厄介なのは市道の防護柵開口部からの出入りがあるということ。設置している超音波式忌避装置のセンサーの反応が悪いせい。販売店に修理に出したいがその暇がない。


今日も、稲刈りの予定を変更して電気柵の設置作業をしている。弁当食ったばかりだが、ヤンマーの営業さんも帰ったので、私も出よう。乾燥機が1台不調なのだ。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page