top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

イベントの打ち合わせで感激

昨日は長男が「寝違え​半介護老人」になったりしてただでさえバタバタする中、前から出店か商品提供を打診されていた有志によるオーガニック的なイベント企画の場に参加した。


そしたら、いろいろなことでかなり感激。出荷にてんてこ舞いでちょっと無理かなという女房も連れだしてきてよかった。世の中を少しでもいい方向へ変えよう!という人たちの熱量は何とも気持ちいい。久しぶりに会った人らも多くて嬉しかった。


私としてはオーガニックの中でも、できれば自然栽培がもっと前面に出るような取り組みを目指したいんだけど、現状はかなり無理。やられようとしていることは対症的手法としてはベストのものじゃないかな。できる限り協力していきたい。


一方で、亀の歩みではあるけれど、自然栽培の普及について仕掛ける場を来期もいただけることになっている。今まで私の力ではどうしようもなかった多品目の野菜に踏み込んだ実践編が出雲のNさんの力を借りてできそう。


理想は、自然栽培の理論と全体像を理解したうえでのオーガニックや低投与。根本と対症。何も難しいことではなく、自然で楽なことである。


もっと気分的にも物理的にも余裕があればなあ。うま~いこと回していく自信、あるんだけどね。最近いろいろ刺激があって、立て続けの洪水で底になっていた精神状態も回復しつつある。やるで。


あ、イベントは2月5日。パレット江津にて。詳細はまた改めて紹介したい。



最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page