• 反田孝之

イベントの打ち合わせで感激

昨日は長男が「寝違え​半介護老人」になったりしてただでさえバタバタする中、前から出店か商品提供を打診されていた有志によるオーガニック的なイベント企画の場に参加した。


そしたら、いろいろなことでかなり感激。出荷にてんてこ舞いでちょっと無理かなという女房も連れだしてきてよかった。世の中を少しでもいい方向へ変えよう!という人たちの熱量は何とも気持ちいい。久しぶりに会った人らも多くて嬉しかった。


私としてはオーガニックの中でも、できれば自然栽培がもっと前面に出るような取り組みを目指したいんだけど、現状はかなり無理。やられようとしていることは対症的手法としてはベストのものじゃないかな。できる限り協力していきたい。


一方で、亀の歩みではあるけれど、自然栽培の普及について仕掛ける場を来期もいただけることになっている。今まで私の力ではどうしようもなかった多品目の野菜に踏み込んだ実践編が出雲のNさんの力を借りてできそう。


理想は、自然栽培の理論と全体像を理解したうえでのオーガニックや低投与。根本と対症。何も難しいことではなく、自然で楽なことである。


もっと気分的にも物理的にも余裕があればなあ。うま~いこと回していく自信、あるんだけどね。最近いろいろ刺激があって、立て続けの洪水で底になっていた精神状態も回復しつつある。やるで。


あ、イベントは2月5日。パレット江津にて。詳細はまた改めて紹介したい。

最新記事

すべて表示

あろうことかこの繁忙期の本線をさておいて、昨日から田んぼや転作田の管理をしている。明日いっぱいの予定。あさって以降は春まで入れなくなるだろうという見込みのもと。この判断がどうなるか・・。 その管理というのはただの耕うん。ただの耕うんと言えど来年を思えば重要だ(と今のところ思う)。まず耕うんした方がいいのか、しない方がいいのか。するなら作業機は何を使うか。それをどういう風に使うか。深さとか、車速とか

昨日今日と小学校通い。昨日は市長列席でマスコミいる中で2~3分のスピーチ。今日は小5の体験授業。終わって結構ぐったり。しかしながら走り抜けた!という充実感もある。裏でのこそこそ話はいつかしたい。 「反田は11月は天皇陛下が来ても会えないと言っていたくせに、いろいろやっているじゃないか」という声はこれまでにも時々あった。そんな暇があるならこっちの用事にも付き合え、というニュアンスで。いやいや、「本来