top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。


まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。


それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと思っている。まったく問題はない。


人が何と言おうと、あくまでも冷静に事実を見たいという衝動に駆られる。その上で結果を出す。結果がすべてとはいないが、大事。願わくば理論も欲しい。事実は理論を伴ってはじめて事実らしくなる。もっともここは我々の役割ではないが。


それともう一つ。24歳のときモンゴルでヒグマに襲われて死にかけたこと。このことは今の自分の取り組みを語る上で、人間の根底は個々の死生観に支えられていると考えるなら、本当は欠かせないネタだ。しかしこれを言うと身も蓋もなくなりそう。だからこういう場では務めて話さないようにしている。


つくづく自然というのは、人の死も生も含めて、奥が深く、面白い。この面白さを次世代にどうバトンタッチしていけるか。正直、面白いけど、疲れたね(笑)。疲れたんだけど、勘を頼りに、これからも疲れたままやっていく。



最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page