top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。


まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。


それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと思っている。まったく問題はない。


人が何と言おうと、あくまでも冷静に事実を見たいという衝動に駆られる。その上で結果を出す。結果がすべてとはいないが、大事。願わくば理論も欲しい。事実は理論を伴ってはじめて事実らしくなる。もっともここは我々の役割ではないが。


それともう一つ。24歳のときモンゴルでヒグマに襲われて死にかけたこと。このことは今の自分の取り組みを語る上で、人間の根底は個々の死生観に支えられていると考えるなら、本当は欠かせないネタだ。しかしこれを言うと身も蓋もなくなりそう。だからこういう場では務めて話さないようにしている。


つくづく自然というのは、人の死も生も含めて、奥が深く、面白い。この面白さを次世代にどうバトンタッチしていけるか。正直、面白いけど、疲れたね(笑)。疲れたんだけど、勘を頼りに、これからも疲れたままやっていく。



最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page