top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

オーガニックに興味がない

訳ありのこのタイミングで、念のため私の農法に対する考えを書いておく(笑)。


私は20年近く有機JASを取って営農している有機農家である。しかし有機、今風に言えばオーガニック、というものにまったく興味がない。


農薬については私は諸事情で使わないだけで、人が使ったり、使ったものを食べることに何の違和感もない。そりゃ大量に使うとどうかと思う。しかし最低限使うのは仕方がない。使うのはけしからん!って言う奴、じゃあお前やってみろって。田んぼの草取りさせて「もう言いません」ってやつを何人も知っている。


肥料も、「取れるんならJASを取ってくれ」と取引先から言われているから化学肥料は使わない。仕方なく一部の圃場で使っている有機肥料だが、本当は化学肥料を使いたい。オーガニック好きは、化学肥料はけしからん!って言うんだけど、根拠は何なんだろう?そしてそういいながら有機肥料をどかすか使ったりしている。有機肥料ならいいという根拠は何なのだ?


結局、オーガニックも「利権」だ。利権には縁のないどころでは「ただの感想」。そろそろオーガニックは終わりだなと思っていたここ数年。そしたら国が吠えた。マジか、嘘だろ。


国が吠えても私には関係ないが、周囲はやっぱり変わる。ひとまず閉口したが、考えを改めた。こんな雰囲気の中でのオーガニック批判は目立って良い。


これからはオーガニックより低投与。何を使ったら良くて何を使ったら悪いのかという定性的な視点ではなく、使う量をどれだけ減らすかという定量的な視点だ。農薬だって化学肥料だって有機肥料だってなるべく使わない方がいい。使う量をなるべく減らす。できればゼロ。でもゼロでなくてもいい。誰にでもできる。これなら敵は作らない。


それじゃあ面白くないって?そりゃあ利権だからね。


で面白い取り組みを有志で始めている。いつか満を持して紹介したい。



レンコンの花。ようやく1つ咲いた。もっと咲くときれいだろうな。バックのコナギが凄い。これってどうなんだろう?


最新記事

すべて表示

川勝知事がいいことを言っている

川勝静岡県知事の発言が賑わっている。ご本人の「全文を読んでもらえばわかってもらえる」という発言から、全文を読んでみた。そしたら、なるほど、いいこと言ってるじゃないか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/aa84967ca4481552dd65b1152263f99b289e5d14 ただの、言葉足らず。こういうことってあるよ。こう言いたいんだろうなということはよく

対抗策を考えた

昨日のように腹を立てているだけでは、何事をも「為してなんぼ」の私の立場は済まない。ということでさっそく具体的な対策を立てた。 ちなみに今田地区では昨年まで私を含め3人で21haを耕作しており、私が腹を立てているのは、イノシシ対策などこれまでほとんど私に任せっきりだった、私以外の2人の70代が、イノシシの行動の実態も知らずに勝手に進めた案についてだ。もう阻止はできない段階のようだから、私の気持ちが収

どうしてこんなにバカなのか

腹が立って仕方がない。というか情けなくて仕方がない。いい歳をしてどうしてこうバカなのか。バカのくせに仕切りたがる。とばっちりを食らう方はたまったもんじゃない。 用水システムの不具合は、修繕のポイントのズレを散々言い続けてきたのに無視され続け、あげく意図的に私抜きで、おかしな方向へ行きかけていたところを、行政の方の機転で私が呼ばれ、何とか止めることができた。 しかしイノシシ対策。やたら面倒で体力的に

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page