• 反田孝之

コロナが撲滅できると思ってるのか?

コロナはとっくに収束し、他の疾患並みになっているというのに、相変わらず騒ぎ、検査数をさらに上げよ、と主張している人が少なくない。まさにそれが第2波の正体で、どうしてこんな不思議なことが起こるのか、マスゴミや新聞の煽りの影響があるにしても不思議で仕方がなかったのだが、昨日、ああそうかと。


彼らは、新型コロナウイルスを「撲滅」できると考えているのだ!天然痘のように。「コロナに打ち勝て!」などという意味不明なスローガンを含め、そう考えればすべてつじつまが合う。


過去に撲滅で来たウイルスは天然痘のみで、この新型コロナも、他の旧型コロナと同様、撲滅は無理。と一度説明を聞けば常識的に何となく理解できると思うんだけどなあ。


いつまでこんな生活が続くんだ、とボヤいている人が多いけど、まずはこの認識をを変えんと。このままだと、落としどころが見つからないまま、おかしくなる人がたくさん出てくるんじゃないか。


2類から5類に変えれなかった本当の理由は何なんだろう。まずここを変えん限りどうにもならんよ。


と言いつつ、コロナ騒動が続くことで、困っている人達がごまんといるんだから、生活にも仕事にも影響のない人こそ、この不思議な風潮にちょっとずつでも抵抗していきたいものだ。私もど真ん中でその1人。




先週家族で行った、中海は大根島の由志園。身近にこんな庭園があったのかと。意外と子供も楽しめる。

最新記事

すべて表示

もしかしてバカなのか

最近よく見かけるフレーズだ。個人的には流行語大賞の一押し。新コロ対応について主に政治家や御用医学者ら権力側にいる人たちに対して使われる言葉だ。過剰対応を揶揄している。 つまりこれまでの過剰対応はもちろん、このたびの東京の緊急事態宣言とか、泣きたくなるくらいに意味不明の対応に対し、しかし彼らはバカではないのだろうから、実は飲食業界を始めとする業種の再編とか、中国共産党が株主の某大手新聞社に代表される

情報は変わらないし、人は変わる

私のネタの選び方のせいか、ここで書いたことがうちのすべて(ほとんど)と思っている人がいそうだということは、これまでに感じてきたこと。 んなわけがないではないか。こんなところで書くことなんて、うちのごくごく一部のこと。しかも私も日々進歩している(笑)ので、考え方だって手法だってどんどん変わる。アーカイブ見て今の私がそのままと思われても困る。ちょっと前に私が書いたJASネタについて電話をかけてきた人は

「〇〇バカになりたくない」

「○○バカになりたくない」と言う人をときどき見る。つまりは私の様に、農業でそれなりに結果を出し評価されている一方で、そのことに忙殺されて他のことはからっきしダメ、という人間にはなりたくないという意味らしい。 人それぞれなんだから、そう思う人がいても一向に構わないけれど、この言葉に振り回されている、つまり何もできないことの言い訳に使っている人が少なからずいそうなことを常々残念に思っている。 私の仕事