• 反田孝之

コロナ対策を拒否するときに理由を言う必要はない

選挙が終わって、まるでSFのフィクションのような日本が続くことになった。最低でもコロナを2類から5類にしなければ、あと数年で日本はどうしようもない大変な国になる。高齢者の支持率を気にする必要性が小さくなる選挙後は、さすがに5類にするだろうとは思っているが、なにせトップは岸田だ。不安は大きいままだ。


と他人事のようにも言っていられない。われわれ1人ずつが変えていくしかない。


兎にも角にも、マスク。ワクチンなんてかわいいもの、問題はマスク、ということを私はずっと以前からあちこちで言っている。マスクくらいいいじゃん、ではない。ワクチンは肉体へ作用するが、マスクは精神(マインド)を陥れる。人間体が壊れてもマインドさえしっかりしていれば何とかなるもの。子供・若者の希望はマインド、経済もマインドである。どこかの国を潰したいならマインドをすぼませてまえばいいのだ。


このたびの選挙の投票所で、久しぶりにマスクをつけてくれと要求された。「しゃべらないならいらないでしょ」と軽く言ったところ不問だった。しかし言った直後に後悔。しゃべらないからいらないのではなく、そもそもいらないのだ。だからただ単に「いいえ、しません」の一言で返すべきだった。


世の中には、相手にマスクや消毒や検査を要求された時に断る際には、それを断る理由を言わなければならないと思っている人が多い。ただ「しません」だけでは危険人物視されるから、などの理由があるようだ。でもなかなか上手く言う自信がない。それでしたくないのについついマスクなどやってしまうという具合。だからネット上でも、こういう風に理由を言えばうまくいく、というようなアドバイス的な記事が目に付く。


しかし本来、一切理由を言う必要はない。当たり前と言えば当たり前。個人の事情をなんでいちいちあなたに説明しなければならないのか、というシーンは日ごろから多いはず。それとまったく同じことだ。


ただ、相手に何かを伝えたい場合や、日ごろの人間関係の兼ね合いなどで配慮的に理由を説明した方がいいことはあるだろう。そのときはもちろん説明したっていい。


先日次男が濃厚接触者になったからPCR検査を受けて欲しいと言われた。前に長男のときに、中学校の先生と「受けさせません」「あ、そうですか」で軽く済んだことがあったので、このたびも気軽に電話したら、小学校は事情が違ったようで、先生が困っておられる。先生には日ごろからお世話になっているんだから、こういう時は「任意ですから」とか「興味がないですから」とか「こども本位で考えると受けさせるべきではないと思いますから」などと穏やかな会話の流れで理由を説明するのもあり。


ただそれはケース毎の話にすぎず、基本は理由を言う必要はない。「しません」の一言でよい。


そうは言ってもその先何か言われたら不安で、という人は少なくない。簡単に返すにはどう言えばいいのかということを、私の経験も含めて紹介してみたい。


が、ちょっと時間切れ。現場に出なければ。明日にでも続きを。


ちなみに超絶6月繁忙期は先週末で終了。本当はまだ続いているはずなんだけど、この暑さもあって体力が持たんので、仕方なく強制終了。今日から昼の暑い時間帯はエアコンの利いたトラクター仕事をする。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる