• 反田孝之

コロナ対策を断るときは簡単に

マスクなどのコロナ対策を断るときの言い方を書くと言いつつ、何日か経ってしまった。ので、書く。


前提として、民間施設は原則断ることはできない。


マスクを要求するお店にノーマスクで入ろうとして注意されたら、まず「必ずしなければダメですか」と聞いてみよう。「必ずだ」と言われたら反論はやめて、お店を出よう。民間のお店の経営方針というのはそれぞれなのだ。SMの趣味のある人しか入ってはいけない、と言われたって、それに従うしかない。嫌なら入らねばいいだけのこと。


だから断ってもいいのは公共の施設の場合である。


例えば入り口にマスクをする旨の張り紙があったとする。これは無視して入る。そこでマスクをするよう言われたら、「それはお願いですか、強制ですか。」と聞こう。まずはこれ。


「お願いです」とか「周囲の方々が不安に思われますのでお願いします」とか言われれば、こちらもお願いで返す。ただし簡単に。例えば「マスク社会で子供や若者が鬱になったり自殺したりしています。マスクをしないことにご協力をお願いします。」


「強制だ」とか「しない場合はご利用できません」とか言われたら淡々とソフトに一言こう言う。「法律違反ではありませんか。」らちが明かない場合は、「法律違反のはずです、責任者に確認していただけますか。」とか。ちなみに強要されるのは「強要罪」。マスクを感染対策に効果があるものとするのは「薬機法違反」。会話が続く時はこれらの単語で短く会話をすればよい。「強要罪に問われませんか。」「薬機法違反ではありませんか。」など。


「国(県、市)の指導ですから。」の場合はもはや「お願い」に当たるので、お願いにはお願いで返そう。繰り返せばいい。堂々巡りで構わない。


問題は公共の施設(組織)かどうかということ。JRとか、飛行機とかね。聞けばJRは上のようなことで行けるらしい。飛行機がダメなんだとか。呉市議さんが降ろされてたもんね。裁判とかになってたっけ。どうなったんだろう。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる