top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

コロナ対策を断るときは簡単に

マスクなどのコロナ対策を断るときの言い方を書くと言いつつ、何日か経ってしまった。ので、書く。


前提として、民間施設は原則断ることはできない。


マスクを要求するお店にノーマスクで入ろうとして注意されたら、まず「必ずしなければダメですか」と聞いてみよう。「必ずだ」と言われたら反論はやめて、お店を出よう。民間のお店の経営方針というのはそれぞれなのだ。SMの趣味のある人しか入ってはいけない、と言われたって、それに従うしかない。嫌なら入らねばいいだけのこと。


だから断ってもいいのは公共の施設の場合である。


例えば入り口にマスクをする旨の張り紙があったとする。これは無視して入る。そこでマスクをするよう言われたら、「それはお願いですか、強制ですか。」と聞こう。まずはこれ。


「お願いです」とか「周囲の方々が不安に思われますのでお願いします」とか言われれば、こちらもお願いで返す。ただし簡単に。例えば「マスク社会で子供や若者が鬱になったり自殺したりしています。マスクをしないことにご協力をお願いします。」


「強制だ」とか「しない場合はご利用できません」とか言われたら淡々とソフトに一言こう言う。「法律違反ではありませんか。」らちが明かない場合は、「法律違反のはずです、責任者に確認していただけますか。」とか。ちなみに強要されるのは「強要罪」。マスクを感染対策に効果があるものとするのは「薬機法違反」。会話が続く時はこれらの単語で短く会話をすればよい。「強要罪に問われませんか。」「薬機法違反ではありませんか。」など。


「国(県、市)の指導ですから。」の場合はもはや「お願い」に当たるので、お願いにはお願いで返そう。繰り返せばいい。堂々巡りで構わない。


問題は公共の施設(組織)かどうかということ。JRとか、飛行機とかね。聞けばJRは上のようなことで行けるらしい。飛行機がダメなんだとか。呉市議さんが降ろされてたもんね。裁判とかになってたっけ。どうなったんだろう。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page