• 反田孝之

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親として、情けなくて涙が出そうだ。


コロナに振り回されている人には、「何を信じていいかがわからない」という人があまりに多い。私に言わせれば、こういう時は絶対に本当の(正しい)ことのみをまずピックアップして、あとは自分で考えればいい。


例えば、絶対に正しいことは「ウイルスを退治することができるのは白血球のみ」ということ。そして「発症すると体が発熱するのは、ウイルスを弱らせかつ白血球の活動を盛んにするため」ということ。ついでに言うなら「薬でウイルスは退治できない」ということ。以上のことはまともな医者なら誰でも認めるのだらしいし、自分で調べてもおそらく正しいだろうという結論は容易に導ける。


ピックアップする情報はこれだけでもいい。それで後は自分で調べて考える。


重症化したのはどういう人か?

死んだのはどういう人か?

でもどうして医者は解熱剤を勧めるのか?

ウイルスは人間にとってどういうものなのか?敵なのか?

マスクは必要なのか?

ワクチンは必要なのか?

政治はなぜそれらを勧めるのか?

テレビや新聞の報道とは何なのか?


ただし「発熱することで負うリスクがある。」という定性的視点ではダメ。「発熱することで負うリスクと、解熱することで負うリスクの、どちらがどれだけ高いか。」という定量的な視点で。


そすうれば、この騒動の虚しさが容易に分かる。


「でも国が✖✖って言ってるよ。」って話を戻すなよな。そんな時は歴史を振り返る。国はかなり信用できない。


もしも、解熱剤を飲むのをやめるだけでこの騒動が終わるとすれば、あんたどうするよ? でも多くの人はそれに反対だろう。ひどく困っていない人にとって、今の状況はテレビや新聞で脅されてマスクに苦しめられて、ちょっとしたSMプレイみたいなもので、人間って本質的にそういうの好きなんだよね。


なんか疲れたね。関係ないと思っていた自分が疲れちゃったよ。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる