top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親として、情けなくて涙が出そうだ。


コロナに振り回されている人には、「何を信じていいかがわからない」という人があまりに多い。私に言わせれば、こういう時は絶対に本当の(正しい)ことのみをまずピックアップして、あとは自分で考えればいい。


例えば、絶対に正しいことは「ウイルスを退治することができるのは白血球のみ」ということ。そして「発症すると体が発熱するのは、ウイルスを弱らせかつ白血球の活動を盛んにするため」ということ。ついでに言うなら「薬でウイルスは退治できない」ということ。以上のことはまともな医者なら誰でも認めるのだらしいし、自分で調べてもおそらく正しいだろうという結論は容易に導ける。


ピックアップする情報はこれだけでもいい。それで後は自分で調べて考える。


重症化したのはどういう人か?

死んだのはどういう人か?

でもどうして医者は解熱剤を勧めるのか?

ウイルスは人間にとってどういうものなのか?敵なのか?

マスクは必要なのか?

ワクチンは必要なのか?

政治はなぜそれらを勧めるのか?

テレビや新聞の報道とは何なのか?


ただし「発熱することで負うリスクがある。」という定性的視点ではダメ。「発熱することで負うリスクと、解熱することで負うリスクの、どちらがどれだけ高いか。」という定量的な視点で。


そすうれば、この騒動の虚しさが容易に分かる。


「でも国が✖✖って言ってるよ。」って話を戻すなよな。そんな時は歴史を振り返る。国はかなり信用できない。


もしも、解熱剤を飲むのをやめるだけでこの騒動が終わるとすれば、あんたどうするよ? でも多くの人はそれに反対だろう。ひどく困っていない人にとって、今の状況はテレビや新聞で脅されてマスクに苦しめられて、ちょっとしたSMプレイみたいなもので、人間って本質的にそういうの好きなんだよね。


なんか疲れたね。関係ないと思っていた自分が疲れちゃったよ。

最新記事

すべて表示

また発熱しない風邪

一昨日まで体調を崩し、昨日から始動。おかげで体の芯から疲れが抜けた。今年は年末に体を壊さなかったし、このまま何となくゆるくやって逃げ切ろうと思ってたんだが、そういうレベルではなかったみたい。来年からの参考にする。 ちなみに発熱はなし。それでそれなりに心配した。発熱すればまずは安心、しなければちょっと不安、ってのが常識になればいいと願う。これだけで世の中の大概の問題は解決する。 でもこのたびは発熱し

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

bottom of page