top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

コロナ騒ぎの中、菌ちゃん先生の講演が圧巻

そういえば告知を忘れていた・・。


一昨日は「菌ちゃん先生」こと吉田俊道氏の講演会。コドモミライいわみ主催のイベント → 「ここからフェスタ」のいちプログラムとして。フェスタではうちも店を出してゴボウやポンせんなどの販売を行った。


何と言っても吉田氏の講演が圧巻。この息苦しいコロナ騒ぎの中で、よくぞよくぞ言ってくれたものだ。聴衆に唾を飛ばしながらあれだけやれるって、それなりの覚悟をしておられるはず。声をうわずりながら「子供たちのために体を張ってでもやりましょうよ!」と訴えられる姿には心が揺すぶられた。


聴衆も入っており、150人くらい?はいたのか。でももっともっと多くの人に聞いてもらいたかった。今のこのコロナ騒ぎがいかに間違った方向へ向かおうとしているのか、マスクや消毒がいかに子供らの未来を奪おうとしているのか、「専門家」というのは何なのか、どんなコロナ脳の人だって嫌悪を感じつつも確実に頭の片隅くらいには残すことができたことだろう。


そう、たちまち変わることは期待できない。恐怖という感情とともに長い時間をかけて刷り込まれてきたのだ。捕虜になることは無事生きて帰る以上の恥であるという戦時中の刷り込みと心理構造的には何も変わらない。


さて、体を張るとは、私にとってどうすべきことか。吉田氏は苦情などの少しくらいの騒ぎが起こることはきっと期待されていたはず。その方が甲斐があると思っておられると思う。それはこの度の主催側も同じだろう。つまり私はというと悩みぬいた末に、今まで通り、という結論になった。常にコロナ脳の人たちにわずかながら不快感を感じてもらえるよう振る舞う。


このネタ終わると書いたのに、また戻ってきてしまった、次もう1回やる。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page