• 反田孝之

コロナ騒ぎの中、菌ちゃん先生の講演が圧巻

そういえば告知を忘れていた・・。


一昨日は「菌ちゃん先生」こと吉田俊道氏の講演会。コドモミライいわみ主催のイベント → 「ここからフェスタ」のいちプログラムとして。フェスタではうちも店を出してゴボウやポンせんなどの販売を行った。


何と言っても吉田氏の講演が圧巻。この息苦しいコロナ騒ぎの中で、よくぞよくぞ言ってくれたものだ。聴衆に唾を飛ばしながらあれだけやれるって、それなりの覚悟をしておられるはず。声をうわずりながら「子供たちのために体を張ってでもやりましょうよ!」と訴えられる姿には心が揺すぶられた。


聴衆も入っており、150人くらい?はいたのか。でももっともっと多くの人に聞いてもらいたかった。今のこのコロナ騒ぎがいかに間違った方向へ向かおうとしているのか、マスクや消毒がいかに子供らの未来を奪おうとしているのか、「専門家」というのは何なのか、どんなコロナ脳の人だって嫌悪を感じつつも確実に頭の片隅くらいには残すことができたことだろう。


そう、たちまち変わることは期待できない。恐怖という感情とともに長い時間をかけて刷り込まれてきたのだ。捕虜になることは無事生きて帰る以上の恥であるという戦時中の刷り込みと心理構造的には何も変わらない。


さて、体を張るとは、私にとってどうすべきことか。吉田氏は苦情などの少しくらいの騒ぎが起こることはきっと期待されていたはず。その方が甲斐があると思っておられると思う。それはこの度の主催側も同じだろう。つまり私はというと悩みぬいた末に、今まで通り、という結論になった。常にコロナ脳の人たちにわずかながら不快感を感じてもらえるよう振る舞う。


このネタ終わると書いたのに、また戻ってきてしまった、次もう1回やる。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ