• 反田孝之

コロナ騒ぎの中、菌ちゃん先生の講演が圧巻

そういえば告知を忘れていた・・。


一昨日は「菌ちゃん先生」こと吉田俊道氏の講演会。コドモミライいわみ主催のイベント → 「ここからフェスタ」のいちプログラムとして。フェスタではうちも店を出してゴボウやポンせんなどの販売を行った。


何と言っても吉田氏の講演が圧巻。この息苦しいコロナ騒ぎの中で、よくぞよくぞ言ってくれたものだ。聴衆に唾を飛ばしながらあれだけやれるって、それなりの覚悟をしておられるはず。声をうわずりながら「子供たちのために体を張ってでもやりましょうよ!」と訴えられる姿には心が揺すぶられた。


聴衆も入っており、150人くらい?はいたのか。でももっともっと多くの人に聞いてもらいたかった。今のこのコロナ騒ぎがいかに間違った方向へ向かおうとしているのか、マスクや消毒がいかに子供らの未来を奪おうとしているのか、「専門家」というのは何なのか、どんなコロナ脳の人だって嫌悪を感じつつも確実に頭の片隅くらいには残すことができたことだろう。


そう、たちまち変わることは期待できない。恐怖という感情とともに長い時間をかけて刷り込まれてきたのだ。捕虜になることは無事生きて帰る以上の恥であるという戦時中の刷り込みと心理構造的には何も変わらない。


さて、体を張るとは、私にとってどうすべきことか。吉田氏は苦情などの少しくらいの騒ぎが起こることはきっと期待されていたはず。その方が甲斐があると思っておられると思う。それはこの度の主催側も同じだろう。つまり私はというと悩みぬいた末に、今まで通り、という結論になった。常にコロナ脳の人たちにわずかながら不快感を感じてもらえるよう振る舞う。


このネタ終わると書いたのに、また戻ってきてしまった、次もう1回やる。

最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる