• 反田孝之

コロナ騒動の終息時期

長男との2人旅はいい山旅になった。恐れていた暑さもなんてことなく、すっかり速くなって安定した息子の山足に安心して私も歩くことができて、充実の思索のひと時。俺の中には山道を歩くことで安心するDNAがすっかり出来上がってるようだ。


そのとき頭に浮かんできたことの一つに、コロナ騒動の収束のことがある。コロナはもう収束しているが、騒動はまだまだ終息しそうにない。でもその時期が分かった気がする。


それは何らかの薬が開発された時点だ。ワクチンでもいいし、どんな薬でもいい。そして薬のせいで事故的で不幸な死者が今より増えるが、そんなことはどうでもいい。薬と呼ばれるものが存在するだけでいい。


この国が共産主義なら、小麦粉固めて「飲んで寝てれば基礎疾患のない人は治ります!」と処方しまくればすぐに騒動は終わるということ。実にちょろい話だ。

氷ノ山の山頂小屋。強風で多くの人が避難してたけど、狭い密閉空間にも関わらず誰もマスクしてなくてホッとした。

最新記事

すべて表示

コロナ騒動の不思議さがちょっとわかった

追いまくられていた要件は一息つき、休息も十分とった。今日からようやく「朝一番と日暮れ前のそれぞれ2時間でトンネルの草取り、残りでその他の作業」の冬パターンに入った。ちなみにトンネルの草取り進捗率は76%。 マスク騒動の詳細が明らかになってきたみたい。鼻出し受験生はメガネが曇るから仕方なくだったそうだし、飛行機下された人は正義感からだったよう。こういうのを過剰に取り締まる今の社会はやっぱ異常だわ。中

マスクの是非を冷静に考えてくれ

​鼻出しマスクの受験生は49歳だったらしい。それじゃあありかもね。私が前回書いたことは、これが20歳前後という思い込みで大したもんだなあと思ったから。 それにしても9月にマスクを拒否して飛行機下された人とかが今頃逮捕されたりしている。やってくれるわ~。 一昨日とあるカフェで女房とランチしたとき、注文の後の待っている間に、店主からマスクをしてくれ、と言われた。女房とひそひそ話をした以外はほぼ黙ってた

マスクから鼻を出して入試で失格にされた事件

大学入試共通テストで、マスクから鼻を出して受験して、監督者の再三の注意にも従わずに失格になった受験生がいたという。 まあひどい監督者がいるなあ、ネット民はどんな批判をしてるんだろう、と思って何気にニュースのコメント欄をみて、驚愕。私が見たところでは100%すべての人が、この処置を肯定している。ネットのコメントなんていかがわしい以外の何物でもない。しかしもしかすると世間の多くはそんな風に肯定している