• 反田孝之

ゴボウはいつか止めざるを得ない




久しぶりに大豆の主戦場である今田地区の管理。


長雨のため、除草がすっかり手遅れになり、さらに湿害で生育がいまいちの状況で、せめて最後の土寄せの工程まではやっておきたいと、​乾きがマシな圃場から順次入っているところ。「マシ」というだけだから仕上がりは当然上手くいかない。でもまだしばらくはこんな天気が続くらしいからやるしかない。


大きな被害が出てしまったのだから、他の取れるところで取る必要があるのに、この今田の大豆の体たらく。米もそれほどいいというわけではないし、意外にも収穫が順調に進んでいるゴボウも掘ってみると細いものが多く、総量はかなり少なそう。雇用もしたというのに、今年はかなりの売り上げ減が間違いない。昨年から新設された収入保険に加入しているのが救いだ。


いつもなら「対策はいくつも考えていて不安どころか希望が大きい!」と言うところだが、ここで目の前に横たわるのがこの度の洪水である。4年に1度平均で中規模のものが来る、という前提で今の経営を作り上げてきたのに、これだけ規模と頻度が変わってくるとちょっと手足がでない。異常気象というのはおそらくあるんだろうけど、実は一つ大きな要因があって、上流で整備されつつある堤防だ。それで田津が洪水に遭いやすくなっているということが、田津の地形を見るとあまりに容易に推測できる。つまり気象が異常でなかったところで田津の洪水はこれから規模と頻度を増していくということだ。


このことはあまりにも絶望的要素である。以前から覚悟はしていたが、見ないふりをしていた。いつかはゴボウをはやめねばなるまい。問題はそれがいつかということ。


日本一美味いと散々持ち上げられるゴボウも、堤防という人間の文明によって葬り去られるのである。堤防を全否定することはあまりに難しい。だからこれは必然の結末ということになるだろう。


ゴボウ栽培はもちろんまだ続けていくつもり。しかし子らの代まではおそらく持つまい。幼いながらも「はんだ牛蒡」に誇りをもってくれている様子を見るにつけ、そのことがこの上もなく残念でならない。


最新記事

すべて表示

明けても暮れてもデスクワーク

ここ数日は、明けても暮れてもデスクワーク。草取りマラソン1往復以外はずっとデスクワーク。農業ってのはデスクワークの能力が必須。経営なんだから当たり前。 ほんの今まで、農業共済の担当さんが来ていた。タブレットで苦戦しながらもああだこうだとやられて、それでも事務処理がずいぶん楽になるんだと。時代とともに業務の実際は変わっていくんだなあと、改めて。 我々の仕事だって、デスクワークはもちろんそうだし、今時

発熱もできないほど体が弱っている

午後から大豆の最後のロットを納品し、その足で個人向け販売のロットを引き取り、今期の大豆が終わった。冬将軍の到来に怯えながらの日々も、サトイモの種イモ堀上げと春蒔きゴボウ予定圃の耕うんをする明日で終止符が打たれる。 実に丸々2か月間に渡る繁忙期であった。昨日ついに10月25日以来の休日をとった(10月25日も強行軍で宮崎県の山に登ったのだが・苦笑)。家族で温泉に行き、すっぽんラーメンを食べ、昼寝をし

へこたれた・・

にわかに大豆の粗選機の調子が悪くなり、あれこれ調整するんだけど、一向に改善しない。新品の昨年から元々こういう不具合があった機械で、農機屋さんとああだこうだと相談しながらやったいたものだが、このたびだけはまったく改善しない。改めて今相談したところ。腹が減ってどうにもならんくなったので中断。再開後、試す。 それだけのことなら焦らずに対応できる。しかしこのせいでフォークリフトがフレコンを吊ったまま身動き