• 反田孝之

ゴボウはいつか止めざるを得ない




久しぶりに大豆の主戦場である今田地区の管理。


長雨のため、除草がすっかり手遅れになり、さらに湿害で生育がいまいちの状況で、せめて最後の土寄せの工程まではやっておきたいと、​乾きがマシな圃場から順次入っているところ。「マシ」というだけだから仕上がりは当然上手くいかない。でもまだしばらくはこんな天気が続くらしいからやるしかない。


大きな被害が出てしまったのだから、他の取れるところで取る必要があるのに、この今田の大豆の体たらく。米もそれほどいいというわけではないし、意外にも収穫が順調に進んでいるゴボウも掘ってみると細いものが多く、総量はかなり少なそう。雇用もしたというのに、今年はかなりの売り上げ減が間違いない。昨年から新設された収入保険に加入しているのが救いだ。


いつもなら「対策はいくつも考えていて不安どころか希望が大きい!」と言うところだが、ここで目の前に横たわるのがこの度の洪水である。4年に1度平均で中規模のものが来る、という前提で今の経営を作り上げてきたのに、これだけ規模と頻度が変わってくるとちょっと手足がでない。異常気象というのはおそらくあるんだろうけど、実は一つ大きな要因があって、上流で整備されつつある堤防だ。それで田津が洪水に遭いやすくなっているということが、田津の地形を見るとあまりに容易に推測できる。つまり気象が異常でなかったところで田津の洪水はこれから規模と頻度を増していくということだ。


このことはあまりにも絶望的要素である。以前から覚悟はしていたが、見ないふりをしていた。いつかはゴボウをはやめねばなるまい。問題はそれがいつかということ。


日本一美味いと散々持ち上げられるゴボウも、堤防という人間の文明によって葬り去られるのである。堤防を全否定することはあまりに難しい。だからこれは必然の結末ということになるだろう。


ゴボウ栽培はもちろんまだ続けていくつもり。しかし子らの代まではおそらく持つまい。幼いながらも「はんだ牛蒡」に誇りをもってくれている様子を見るにつけ、そのことがこの上もなく残念でならない。


最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ