サイトの引っ越し

最終更新: 8月4日

長らくお世話になったWEBサイトから、新しいものに引っ越すことにした。理由は経費削減。


この程度を削減しなければならないほど経営に困ってはいない。ただ、うちのHPの役割というのは何度か書いてきたけれど、「はんだってどういう会社?」と後付けで調べてもらうときに見てもらえばいいのであって、このツールで売り上げを増やそうというつもりが今のところ、まったくない。だからもっと簡易なものでもいいかな、ということで踏み切ったところだ。


前のサイトには9年お世話になった。あの時代遅れ的なダサさに魅力を感じていた私にとって少し寂しい気がしないでもない。うちの経営も年を経るごとに洗練されてきていることだし、そこに必要な程度でとりあえずシンプルなものをアップしておいた。たったこれだけのものでもそれなりに時間が取られる。今後暇をみていくらかは手を入れていきたい。(かなり怪しいが・・)

ちなみに写真は何の関係もない。試作時に何気に使った写真がこれだったというだけ。これは母の死後まもなくの2017年12月に長男と2人で登った大潰山(おおづえやま、997m)山頂でのもの。若いころに山好きで鳴らした母の追悼登山の名目で登った。息子は鼻血を出したまま記念撮影。12月というのに穏やかな日和だったことをよく覚えている。

最新記事

すべて表示

サラシ包帯32日目

お盆前後で山に登り過ぎて左膝を痛めたことは以前書いた。そして9月7日からサラシ包帯を巻いている。私がときどき「片足」と書いてきたのは、そのせいでビッコ引きながらでないと歩けないから。 このたびの負傷は、いつどのタイミングでやったのかがはっきりしない。後山、氷ノ山では何とも感じなかった。帰ってきて仕事をしていて何となく痛いなあと。それでも大したことがないので大山に行った。大山ではさすがに下りで痛みを

ようやく梅雨明けの兆し

天気予報で、ようやく梅雨明けの兆しが表れた。 今の農業を始めて17回目の梅雨だが、これほど田畑が乾く暇がなく、期間の長かった梅雨はない。私の経験では、春に旧暦の閏月が入る年は夏前後が乱れやすい。今年はまさにその年だった。 気象条件を言い訳にできるほど、経営に余裕はない。何度も書いてきたが、気象に左右されない栽培技術の確立にジッと取り組んでいくしかない。