• 反田孝之

サブソイラが刺さらなかった理由

​昨日まで、合間を見ながら今田地区の転作田にサブソイラ掛け。



今田の農地は、基盤が石や真砂土でガチガチにできていてサブソイラの爪が絶望的に刺さらないところが少なくないのだが、刺さるところでも近年なぜか浅くなりつつあった。


その原因が一昨年に判明。サブソイラを2連から3連に増やした。そして新品の1連の先端の爪を見て驚き。全然形状が違うじゃないの!


違うのではなく、擦り減っていたのだ。こんなに擦り減っていたとは思いもよらなかった。もうまったく別物に見えるくらいに違うのに。すり減っていても、とりあえず尖っていたので、反り具合の違いなど疑うこともなかったわけ。


サブソイラは隔年でかけているので、このたび新しい爪に変えて実施。おお、刺さる刺さる、ってのが冒頭の写真。この辺り前回は30cmくらいしか刺さらなかった。このたびはMAXの50cmは刺さっている。


ま、初歩的なおバカ。何事も経験ってことで。

最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。 大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に