• 反田孝之

サブソイラが刺さらなかった理由

​昨日まで、合間を見ながら今田地区の転作田にサブソイラ掛け。



今田の農地は、基盤が石や真砂土でガチガチにできていてサブソイラの爪が絶望的に刺さらないところが少なくないのだが、刺さるところでも近年なぜか浅くなりつつあった。


その原因が一昨年に判明。サブソイラを2連から3連に増やした。そして新品の1連の先端の爪を見て驚き。全然形状が違うじゃないの!


違うのではなく、擦り減っていたのだ。こんなに擦り減っていたとは思いもよらなかった。もうまったく別物に見えるくらいに違うのに。すり減っていても、とりあえず尖っていたので、反り具合の違いなど疑うこともなかったわけ。


サブソイラは隔年でかけているので、このたび新しい爪に変えて実施。おお、刺さる刺さる、ってのが冒頭の写真。この辺り前回は30cmくらいしか刺さらなかった。このたびはMAXの50cmは刺さっている。


ま、初歩的なおバカ。何事も経験ってことで。

最新記事

すべて表示

大豆作付けの判断方法

パイオニア植物であるマメ科特性ゆえか、大豆というのは良く分からん作物だ。例えば地力や肥効と、収量との関係。それから連作と収量の関係。 うちでは毎年8ha前後の作付けをする中で、実に様々な状況を見せてくれる。連作を10年以上やっているところから水稲との輪作もある。畑地もあれば転作田もある。総じて良好な収量ではあるが、なんとかこれをもっと安定化させたい。 生育の良し悪しを予想する一つの目安として、収穫