• 反田孝之

ジッと来年のための作業

明日の夜からのまとまった雨の予報を受け、忙しい。大豆や緑肥の準備に集中したいところだが、結局田植えを木金でやることにしたのでその代掻きもある。その他苗代のネット剥がしやらなんやらやっていたら昼になってしまい、田んぼで半日を潰してしまった。


また昨日の夕方も、そんな貴重な時間を割いて「来年の夏」のための作業を。


サブソイラ掛け。この畑、ゴボウは良く育つんだが下層が固く締まっていて専用収穫機が機能しない。少しでも植物の根を使って土壌改良するべく、根が入りやすいように緑肥を蒔く前にほぐしたのだ。タイミングは今しかない。今を取るか、来年を取るかで、やろうかどうかしこたま迷った挙句にやったところ。収穫だけクリアするならバックホウ使えばできる。でもこれは明らかに土への投資。投資はできるときに極力するべし。


営々黙々、花が咲くでも咲かぬでも。おお、久しぶりに出てきたぞ。

最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労